「元旦那が気の毒すぎる!」
弟の自殺偽装で逮捕された足立朱美容疑者。
その昔、元旦那に大麻所持偽装させた前科が判明。
詳しくみていきます!

スポンサーリンク



足立朱美の元旦那は?

時は2006年9月に遡ります。
足立朱美容疑者には当時、旦那がいて「児玉朱美(こだまあけみ)」という名前でした。

「児玉」というのは、もちろん当時の旦那さんの姓だったのでしょうね。
元旦那さんは、郵便局に務める男性。
いいじゃないですか、郵便局。安定してそうで。

そして、当時、6歳と8歳の息子がいました。
元旦那さんについてはそれくらいしか情報がありません。
一般の方ですし、名前なども公表されていません。

そりゃそうですよね、
離婚してもう他人です。
ですが、もしかしたら取材はされてるかもしれませんね。
お気の毒です。

足立朱美が元旦那にした大麻偽装事件とは?

足立朱美容疑者は元旦那と当時仲が悪く、
家庭内別居をしていたそうです。

喧嘩の原因は大抵お金のこと。
金銭感覚が違ったのでしょうか。
またもうその時には父親の会社(大一水道)を引き継いでいたので、
その経営に関することも夫婦で意見が分かれていたのかもしれません。

とにかく、仲が悪く、
2人は離婚の話が出ていたようです。

ふたりの息子たちは当時6歳と8歳。
離婚はしてもどうしても親権は譲りたくない足立朱美が思いついたこと。

「旦那を犯罪者にする」と

足立朱美容疑者は旦那の定期入れに大麻を忍ばせ警察に通報。
旦那を大麻所持法違反の罪に陥れようとしていた。

元旦那が自宅を出たらすぐに警察に通報。
「駅に大麻を所持した男性がいる。。。」と。
友人(女友達)にも手伝ってもらって、

その友人は駅で警察を待ち構えて、
旦那のところまで誘導する役を与えていました。

ですが、
どう考えても無理があるこの計画。
結果的に、友人もクチを割り、結果的に
自分が大麻所持で逮捕されることに。
これ、誰が考えても結末がわかることなのに、
なぜこの計画を決行したのか。謎です。

元旦那さんは、これだけではなく、
普段から足立朱美が用意した飲み物によって
具合が悪くなっていたことがあるそうです。

今回の足立朱美の父と母もそうでしたよね。
甘酒に抹茶オーレに。。。

それにしてもよっぽど母親に問題がない限り、
親権は母親につくと思うのですが、

そんなに親権を元旦那に取られるのが心配だったということは、
自分に何か非があったのでしょうか。

借金はその時からあったようですが、
それが気になっていたのかもしれませんね。

足立朱美 弟殺害の事件詳細

ニュースサイトより引用します。

堺市で今年3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして、大阪府警は20日、
姉で堺市南区鴨谷台2丁の建設会社長、
足立朱美容疑者(44)を殺人容疑で逮捕し、発表した。
足立容疑者は「やっていません」と容疑を否認している。


捜査1課によると、足立容疑者は3月27日、
自身が社長を務める同市中区の建設会社「大一水道」の事務所で、
弟で別の会社の役員、聖光(まさみつ)さん(40)に睡眠導入剤を服用させ、
2階トイレ内で練炭を使って殺害した疑いがある。
引用:朝日新聞

実の弟に睡眠薬を飲ませて、
トイレに閉じこめて練炭自殺に見せかけて殺害。
怖すぎます。


なぜそれが、足立朱美容疑者が仕組んだ
「偽装自殺」だとわかったのかは以下の通りだそうです。

 

  1. 足立聖光さんが妻宛に書いとされた遺書に不審な点があった
  2. 母親も別の部屋で倒れていた
  3. トイレの目張りに使われた接着剤の容器とライターが別部屋で見つかった
  4. 足立聖光さんの遺体から睡眠導入剤が検出された

という点から、捜査が続き、
足立朱美容疑者の逮捕となりました。

計画は全て、毎回失敗に終わるのですね。
どう考えてもその計画が幼稚で雑なのではないかと。。。

足立朱美に対するネット上の声は?


これ激しく同感です。
どんな育ち方、どんな生い立ちでこんなことになるんだろうと。

弟への嫉妬が今回の事件の動機のようですが、
弟への嫉妬は、幼い頃からの根深いものだったのではないかと思われます。


なるほど。
自己顕示欲とは、自己の存在を多くの人の中でことさらにアピールしたいという欲求。
自分を認めてほしいという欲求が爆発している感じですね。
その気持ちがずっとあったのでしょう。

なんだかこの人と重なりました↓

スポンサーリンク

まとめ

弟を自殺偽装で殺害し、母親も倒れ、父親は脳死状態。
その前に元旦那には大麻所持偽装で犯罪者に仕立てようと。。。

弟の聖光さんは、
「朱美だけには気をつけろ」と言ってたそうで、
身の危険を感じていたのかもしれません。

ならばどうして、足立朱美が用意した飲み物を飲んだのか。
悔やまれますね。
真の姉弟。
どこかで信じていたのかもしれませんね。


最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサーリンク