「足立朱美、前科あり!」大阪堺市の土木会社「大一水道」社長、足立朱美(あだちあけみ)が弟の足立聖光(あだちまさみつ)さん自殺偽装で逮捕。会社継承、経営不振が動機?父母までも,,,最後は遺産独り占めが狙いか?

スポンサーリンク



足立朱美の前科とは?

時は2006年9月。
足立朱美容疑者には夫がいて、その時の名前は、「児玉朱美(こだまあけみ)」

夫とは仲が悪く、家庭内別居をしていた。
ふたりの息子たちは当時6歳と8歳。

離婚したいけど、子供達の親権がとれないのは辛い。
そこで考えたのは、無実の旦那を犯罪者に仕立てること。

そこで足立朱美(当時、児玉朱美)は、定期入れに大麻を忍ばせ警察に通報。
旦那を大麻所持法違反の罪に陥れようとしていた。

警察には、
「旦那が大麻を使用しているようなんです。。。
家族としては、もう警察の方のお世話になるしかないんです。。。
定期入れにいつも入れているので、どうか捜査してください」
なんて、得意の芝居をうったのかもしれません。

こんな感じで。。。↓
これは、逮捕前に弟についてのインタビューに堂々と答えている足立朱美容疑者

これに対しての罪がどうなったのかまではまだ調べられていません。テレビでは息子さんがインタビューに答えていたので、その後離婚はできて、親権も自分に取れたようではありますね。

足立朱美 弟殺害の事件詳細

ニュースサイトより引用します。

堺市で今年3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして、大阪府警は20日、
姉で堺市南区鴨谷台2丁の建設会社長、
足立朱美容疑者(44)を殺人容疑で逮捕し、発表した。
足立容疑者は「やっていません」と容疑を否認している。


捜査1課によると、足立容疑者は3月27日、
自身が社長を務める同市中区の建設会社「大一水道」の事務所で、
弟で別の会社の役員、聖光(まさみつ)さん(40)に睡眠導入剤を服用させ、
2階トイレ内で練炭を使って殺害した疑いがある。
引用:朝日新聞

実の弟に睡眠薬を飲ませて、
トイレに閉じこめて練炭自殺に見せかけて殺害。
怖すぎます。


なぜそれが、足立朱美容疑者が仕組んだ
「偽装自殺」だとわかったのかは以下の通りだそうです。

 

  1. 足立聖光さんが妻宛に書いとされた遺書に不審な点があった
  2. 母親も別の部屋で倒れていた
  3. トイレの目張りに使われた接着剤の容器とライターが別部屋で見つかった
  4. 足立聖光さんの遺体から睡眠導入剤が検出された

という点から、捜査が続いていたようです。


1、の遺書について
妻宛の遺書に不審な点があったことで、妻が警察に相談されていますが、
おそらく、普段から、義理姉と、自分の夫との間には、
確執があったことに気づいていた、もしくは悩んでいたのかもしれません。


「義理姉があやしいので、調べてください!」という訴えだったのでしょうか。

スポンサーリンク

足立朱美 弟のバッグに注射器入れる?

足立朱美容疑者には父母がいます。


なんと、父親は今年の1月脳死状態に。
父親は糖尿病を患っていましたが、
インスリンの過剰投与が原因です。


その時にインスリン投与に使う注射器がなくなっていましたが、
足立朱美容疑者は弟の聖光さんのバッグの中にその注射器を入れていたということがわかっています。


それは、足立朱美容疑者が聖光さんが書いたと偽造したとされる遺書の内容に沿うように…↓

「俺はおとんにインスリンを打った。
ネットでいろいろ調べて、低血糖昏睡は脳死って書いてたから、ガンで苦しむより、脳死の方が楽やろうと。
皆の前では普通にしてきたつもりやけど、もう良心の呵責に耐えられへん。」

という部分です。



そして、母親。
聖光さんが亡くなった時に、
別部屋で倒れて発見されています。
その時、「朱美が作った抹茶オーレを飲んで気分が悪くなった」と
証言しています。


どう考えても、、、これに関しても足立朱美が。。。。ですね。

スポンサーリンク

まとめ

弟を自殺偽装で殺害し、母親も倒れ、父親は脳死状態。
一体足立朱美に何が起きて、どうなっていたらこんなことができるのか?
12年前の犯行の時も、今回の犯行も、
「幼稚」「雑」「ツメが甘い」。
今回の弟、聖光さん殺害の事件でもその「クセ」は治っていなかったんですね。


最後までお読みいただきありがとうございました! 


スポンサーリンク