大阪堺市の土木会社「大一水道」社長、足立朱美(あだちあけみ)が弟殺害容疑で逮捕。弟の名前は足立聖光(あだちまさみつ)さん。自殺偽装されそうになったところ、聖光さんの妻が必死に警察を説得した甲斐あり夫の無念晴らした形に。足立聖光さんの会社など、どんな人物だったのか調べていきます。

スポンサーリンク



足立聖光さんの会社名は?


引用:FNN

こちらが亡くなった足立聖光さんの画像です。
足立朱美容疑者の弟です。
年齢は、40歳。



足立朱美容疑者は、実家の「大一水道株式会社」の社長をしていますが、
一方の、弟の足立聖光さんは、
ご友人と一緒に、建築会社を設立し、そこの社長に就任していたようです。


その会社名なのですが、株式会社昇建築工房なのではないかと思われます。
足立朱美容疑者の会社に、下請け工事をふっていたようなので、
ビジネスの場面でも直接取引があったようですね。
そんな中でも、請負工事金額などでトラブルもあったのかもしれません。

スポンサーリンク

足立聖光さん偽装自殺事件の詳細

ニュースサイトより引用します。

堺市で今年3月、練炭自殺を装って弟を殺害したとして、大阪府警は20日、
姉で堺市南区鴨谷台2丁の建設会社長、
足立朱美容疑者(44)を殺人容疑で逮捕し、発表した。
足立容疑者は「やっていません」と容疑を否認している。


捜査1課によると、足立容疑者は3月27日、
自身が社長を務める同市中区の建設会社「大一水道」の事務所で、
弟で別の会社の役員、聖光(まさみつ)さん(40)に睡眠導入剤を服用させ、
2階トイレ内で練炭を使って殺害した疑いがある。
引用:朝日新聞


逮捕される前に足立朱美容疑者がインタビューに
涙ながらに冤罪を訴えています。


実の弟に睡眠薬を飲ませて、
トイレに閉じこめて練炭自殺に見せかけて殺害。
怖すぎます。


なぜそれが、足立朱美容疑者が仕組んだ
「偽装自殺」だとわかったのかは以下の通りだそうです。

 

  1. 足立聖光さんが妻宛に書いとされた遺書に不審な点があった
  2. 母親も別の部屋で倒れていた
  3. トイレの目張りに使われた接着剤の容器とライターが別部屋で見つかった
  4. 足立聖光さんの遺体から睡眠導入剤が検出された

という点から、捜査が続いていたようです。


1、の遺書について
妻宛の遺書に不審な点があったことで、妻が警察に相談されていますが、
おそらく、普段から、義理姉と、自分の夫との間には、
確執があったことに気づいていた、もしくは悩んでいたのかもしれません。


「義理姉があやしいので、調べてください!」という訴えだったのでしょうか。


2、の母親
母親は別の部屋で倒れていたそうですが、
母親は「朱美が作った抹茶オーレを飲んで意識がなくなった」と言ってるそうで、
もう完全にアウトですよね。


そして、足立家の父親は今年の1月脳死状態に。
父親は糖尿病を患っていましたが、
インスリンの過剰投与が原因です。


まだ父親の件に、足立朱美容疑者が関わっているかは
捜査中のようですが、
やはり、限りなくクロに近いですよね。

足立聖光さんの嫁の訴え

警察は最初は、足立聖光さんの自殺として、
この件を処理しようとしていました。


ですが、どうしても納得いかなかった足立聖光さんの
奥様が以下の点から、警察に訴え続けていました。

  • 残された遺書の言い回しは聖光さんが使う言葉ではない
  • 一億円を超える受注額の大きな仕事が決まったところだった
  • リゾートホテルの会員権を購入し家族旅行を計画していた

長年一緒にいた夫婦だったら、
この言葉や言い回しは使わないと言い切れるその気持ち、
わかります。


また、大きな仕事が決まっていたこと、旅行を控えていたことから
どうしても自殺をする理由が見つからなかったのでしょう。
 

そして何よりも、聖光さんは生前、
「姉には気をつけろ」と、周囲の人間に注意をしていたそうです。


この奥様が必死の訴えをしなければ、
司法解剖すらしてもらえなかったようです。
それもどうかと…

 

スポンサーリンク

まとめ

足立聖光さんが亡くなったのは、
自殺ではなく、姉による殺人。衝撃の事件です。


姉の容疑はそれだけではなく、父親、母親をも
殺めようとしていたのではないかと言われています。


姉の朱美容疑者はスマートフォンで、
「練炭自殺」「睡眠薬」と検索していた履歴もあり、
もうますます容疑は確定かと思いますが、
本人は否定。


足立朱美容疑者がどうしてそこまでの
行動に出てしまったのか、動機の真相を知りたいです。


最後までお読みいただきありがとうございました!


スポンサーリンク