渡る世間は鬼ばかりや、金八先生で、欠かすことのできない役柄を演じていた、女優の赤木春恵さん。94歳でした。

このブログでは赤木春恵さんの結婚歴や家族について。生前のエピソードを混じえながらご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク



赤木春恵の結婚歴は?

2018年11月29日に、大女優の赤木春恵さんが亡くなりました。

その少し前に、娘さんに話していた内容が印象的でした。
「みっちゃんが来てね、、、、」と、2012年に亡くなり、赤木春恵さんと親交が深かったと言われている森光子さんが枕元に来たというエピソード。死期が近づいてくるとそういうコトが起こりうるのでしょうか。

 

そう考えると、自分の死期には誰が枕元に会いにきてくれるのかなと不思議な気持ちになりました。

 

話はそれましたが、そんな赤木春恵さん。「渡る世間は鬼ばかり」では幸楽のおかみさんとしての印象が強いですが、その私生活はどんなものだったのか調べてみました!

赤木春恵さんの結婚歴は1回。バツ無しです。

 

ですが、旦那さんは現在はもうこの世にはおらず、1991年に癌の闘病の末、お亡くなりになっています。

 

赤木春恵さんの旦那さんは、栄井賢さんという東映のプロデューサー。
残念なことに画像を見つけることができませんでした。

 

1916年生まれで、1991年にお亡くなりになっているということなので、75歳の生涯でした。その後、赤木春恵さんは再婚はしていません。

 

栄井賢さんは東映のプロデューサーということで、

 

恋と十手と巾着切・・・1963年
五人のあばれ者・・・1963年
源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽の蝶・・・1962年
ひばり・チエミの弥次喜多道中・・・1962年
あべこべ道中・・・1962年
千姫と秀頼・・・1962年
お坊主天狗・・・1962年
出世武士道・・・1961年
花のお江戸のやくざ姫・・・1961年
お世継ぎ初道中・・・1961年
維新の篝火・・・1961年
反逆児・・・1961年

など、数多くの作品をプロデュースしていました。

 

スポンサーリンク

赤木春恵の娘、野扖泉は国広富之に二股?

1983年頃の話。

ドラマで共演して婚約しハワイで挙式をするという段取りまでしていた状況で、マスコミが国広富之さんと赤木春恵さんの娘(野扖泉)さんとの二股を報道し、それが原因で水沢アキ側から婚約破棄。

その時、水沢アキさんは、

騙されるところでした。マスコミの皆様に教えていただいてありがとうございました

引用:wikipedia

と、コメントを出しています。
結構、衝撃的な言葉ですね。

 

国広富之さんといえば、当時はもう人気絶頂の今でいうイケメン俳優。わたしも子供ながらに、その綺麗で甘いお顔立ちに憧れていました。かなりの人気っぷりだったので女性にもモテていたのでしょうね。


出典:高岡事務所

現在、65歳。
今でもやはり十分イケメンです。

 

赤木春恵 死因は心不全!

ドラマ「おしん」や「渡る世間は鬼ばかり」などに出演し、テレビや舞台で人間味あふれる役で親しまれた女優の赤木春恵さんが、29日朝、心不全のため東京都内の病院で亡くなりました。94歳でした。

赤木さんは大正13年に旧満州で生まれ、昭和15年に松竹ニューフェースとしてデビューしました。

戦後、本格的に女優として活動して数々の映画や舞台に出演し、NHKの連続テレビ小説「おしん」では主人公のおしんを支える心優しい女性を演じました。

また「3年B組金八先生」での校長や「渡る世間は鬼ばかり」でのしゅうとめの役など、数々の人気ドラマで厳しくも温かい役柄を演じ、ホームドラマに欠かせない存在として幅広い世代から親しまれました。

舞台でも、森繁久彌さん率いる「森繁劇団」の常連の出演者として知られたほか、親友の森光子さんが主演した「おもろい女」など、ロングラン興行の名作舞台に数多く出演しました。

平成5年に紫綬褒章、平成10年には勲四等宝冠章を受章しています。引用:NHK

赤木春恵

本名 小田 章子(おだ あやこ)
別名義 赤木 春生(旧芸名)
生年月日 1924年3月14日
没年月日 2018年11月29日(94歳没)
出生地 中華民国(北京政府)吉林省長春県
国籍 日本
血液型 B型
職業 女優
活動期間 1940年〜引用:wikipedia

死因は心不全。
心臓が血液を送るポンプとしての機能を十分には果たせない状態になり死に至る病気。

2007年には乳がんで左乳房を全摘出する手術はしていますが、その時完治で、今回の死因には関係なさそうです。

昨年には本を出版するなど、お元気そうだったのに残念です。

 

スポンサーリンク

赤木春恵死去にネット上の声は?

ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク