赤穂市御崎で、母親と生後2ヶ月半の次男が
行方不明になっている事件が起こっています。

行方不明時、
長男だけがその場にひとり残されていました。

新たに車内から書き置きが見つかったとの
情報も出てきて、
ますます、母親と次男の行方が心配です。

詳しくみていきます。

追記:9/3午後、
現場付近の海岸で
女性の遺体が発見され身元確認中です。

スポンサーリンク



赤穂市御崎で母と子行方不明!

1日午後6時10分ごろ、
兵庫県赤穂市御崎の市立野外活動センターの駐車場で、
男児(4)が1人で泣いているのを通行人が発見し、
赤穂署に通報した。

男児と一緒に来ていたとみられる母親(40)=同市=
と生後2カ月半の弟の姿が見当たらず、
警察などが2日も捜索を続けたが、見つかっていない。

同署などによると、
現場の駐車場は海岸から100メートルほどの距離にある。
男児にけがはなく、水にぬれた様子もなかった。

保護された直後、署員に「(母親らと)一緒に車で来た」と話したといい、
駐車場には母親が運転してきたとみられる
軽乗用車1台が止まったままだった。

引用:神戸新聞

行方不明になったことがわかったのは、
赤穂市の野外活動センターの駐車場で、

男の子が一人で泣いていたことが
きっかけでした。

「迷子かな?」と思って
周りの人、職員の方々は懸命に探したと
報道されています。

その男の子は、
「母と弟と一緒に車できた」と言っていて、
その母親の車(軽自動車)は、
その野外活動センターの駐車場に駐まったままでした。

懸命な捜索活動がされる中、
母親と次男の行方が分からない。

一体何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

赤穂市御崎、母子行方不明で、書き置き見つかる

行方不明になっている母親の軽自動車からは、
「探さないで」というレシートの裏に書いた
書き置きが見つかったようです。

レシートの裏ということなので、
突発的な感情で、
失踪してしまったのでしょうか。

なぜ、長男をその場に置き去りにしたのか?
気になりますが、

人が行き来する場所で
「誰かに見つけてもらって保護してもらいたい」と、
母親は思ったのでしょうか。

赤穂市御崎、母子行方不明、場所は?

行方不明になったのは、
赤穂市立野外活動センター。

市立野外活動センターは
JR播州赤穂駅の南東約3キロに位置する
キャンプ場やバーベキュー施設がある場所。

地図を見ると、海岸が近いのが分かります。
車を置いて、失踪しているので、
歩いて海のほうに行ってしまっているのではと、

兵庫県警機動隊と赤穂署約50人のほか、
消防団や姫路海上保安部も加わって
陸と海から両方で
捜索作業が続いています。

こういう場所のようです。

人の行き来、
もしかしたら、あまりなかったかもしれません。
4歳の男の子が一人で
泣いていたというのが、
なんとも胸が締め付けられます。
不安だったでしょう。

スポンサーリンク

赤穂市御崎、母子行方不明にネットの声は?

母親と次男の赤ちゃんを
心配する声がたくさんあがっています。

次男は生後2ヶ月。
ということは、
母親は産後2ヶ月。

赤ちゃんが寝てばっかりの時期から、
少し起きてる時間が増えてくる頃でしょうか。

上の4歳の長男くんの
お世話をしながら、赤ちゃんのお世話もあり、
日々大変な生活を送られていたと思います。

そして、わたしも経験したことが
ありますが、

産後、精神的に不安定になることもあります。
産後鬱という言葉もよく聞きます。

昔でいうと、「産後の肥立ち」というのでしょうか。

何か不安や悩みを一人で抱えていたのかもしれません。
それを思うと、
何か救える方法はなかったのか、
また、残された長男や旦那さんは、
どんな思いなのか。

特に長男は4歳。
少しずつ、いろんな状況を読み取れるように
なる時期です。

無事に、母親も次男も見つかる事。
それを願ってやみません。

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク