事件

芥川豊史の自殺理由は?顔画像が出ない理由と捜査の矛盾点とは?

静岡県浜松市の29歳の看護師内山茉由子さんの監禁、遺棄事件。監禁に関わった伊藤、鈴木容疑者はすでに逮捕。主犯の芥川豊史(あくたがわとよふみ)は自殺。なぜ自殺したのか、自殺の理由、顔画像が出ない裏事情を調べていきます。

スポンサーリンク



芥川豊史の自殺理由は?

浜松看護師、内山茉由子さんの事件。
[br num=”1″]
主犯格の芥川豊史容疑者が、自殺し、発見されるという最悪の結末を
迎えました。


こういう厳しい意見もありますが、
まさしくその通りだと思います。
[br num=”1″]
厳しい意見が出るのは、
事件の真相が明らかにならないのではないかという懸念。
亡くなった内山茉由子さんが
どうやってこの世を去ったのか、
どうしてこんなひどい事件に巻き込まれることになったのか。
[br num=”1″]
芥川豊史容疑者がそれを説明し、
自分のしたことを心から悔いて、罪を償って欲しかったと、
そう国民は願っていたのに、
この結末とは、無念でなりません。残念です。

[br num=”1″]
芥川豊史がなぜ自殺したのか。自殺理由は、
やはり、鈴木充、伊藤基樹両容疑者が自首し、
自分への捜査の手が伸びていることを
わかっていたから。
[br num=”1″]
捕まりたくない、無期懲役、死刑にはなりたくない。
という感情からでしょうか。
[br num=”1″]
または、誰かをかばっているのか、
本当は主犯格はさらにその暗闇の中にいるのか。
[br num=”1″]
わたしの憶測の話でしかありませんが、
それは十分ありえる話ではないかと思います。

芥川豊史 顔画像は?

静岡県浜松市の29歳の看護師内山茉由子さんが車ごと監禁された事件。
その後、山中にて遺体で発見。
[br num=”1″]
これまでに、

  • 伊藤基樹(いとうもとき)・・・28歳、住所不定
  • 鈴木充(すずきみつる)・・・42歳、名古屋市天白区原1丁目

が自ら出頭して逮捕されていますが、
この二人は、監禁の容疑。
[br num=”1″]
この二人は、自殺した芥川豊史が主犯で、
芥川豊史が、計画したものだと主張。
[br num=”1″]
監禁には関わっているがそれは報酬金目的。
でも、その報酬金50万円は受け取っていないとも主張。
[br num=”1″]
三人目の犯人、そして主犯がいると捜査は続いていましたが、
まさかの結末でした。
[br num=”1″]
名前は、芥川豊史と報道されています。
年齢は39歳、住所不詳です。
[br num=”1″]
顔画像については現在のところ公開されていません。
なぜ、被害者の内山茉由子さんのことは、
顔画像が公開されているのに、芥川豊史の顔画像は公開されていない。
[br num=”1″]
矛盾を感じますし、
まだまだ報道されていない事実があるのかもしれませんね。
今後の警察の動きに注目していきたいと思います。

芥川豊史逮捕への捜査の矛盾点とは?

今回、内山茉由子さん事件の主犯格である芥川豊史が、
自殺し、遺体で発見されましたが、
そこには不可解な警察の捜査が存在しています。

[br num=”1″]
時系列でみていくと、
[br num=”1″]
6月14日
芥川豊史、新潟市内ビジネスホテルで自殺[br num=”1″]
6月15日
芥川豊史、遺体で発見
ホテルのチェックアウトの時間になっても、
連絡がとれないので、ホテル側が部屋に入り、
発見したのでしょう。おそらく。
[br num=”1″]
6月16日
静岡県警が芥川容疑者の逮捕状をとる
[br num=”1″]
6月19日
芥川豊史の自殺を発表
[br num=”1″]
そして、
同日6月19日の午前中
浜松東警察署の捜査本部は
事件の情報提供を求めるフリーダイヤルを設置
[br num=”1″]
芥川豊史が自殺しているのに、逮捕状を請求し、
死亡を把握しても情報提供を呼びかけている警察の捜査本部。
捜査の矛盾を感じずにはいられません。
捜査ミスはなかったのか?

スポンサーリンク

内山茉由子さん遺棄事件の時系列

事件の詳細を時系列で振り返ります。


引用:ANN

 


被害者女性・・・内山茉由子(うちやままゆこ)
住所・・・静岡県浜松市
職業・・・看護師
年齢・・・29歳


2018年5月26日 午後1時頃[br num=”1″]
内山茉由子さんは、勤務を終えて
スポーツジムへ到着。
[br num=”1″]
2018年5月26日 午後6時頃[br num=”1″]
内山茉由子さんがジムから帰宅しようと、車に乗り込むところに、
後ろから二人組の男が乗り込む。
車はそのまま発進。(おそらく男が運転)
[br num=”1″]
2018年6月9日[br num=”1″]
静岡県藤枝市瀬戸ノ谷の山中で
内山茉由子さんの遺体が埋められているのを発見。
[br num=”1″]
その時、内山茉由子さんは衣服は身に付けず、
化粧品やメガネなどの所持品が散らばっていたが、
携帯や財布などの身元が分かるものは一切なかった。

[br num=”1″]
2018年6月11日夜[br num=”1″]
関与していると思われる伊藤基樹,鈴木充が出頭。
逮捕。
自ら出頭したのは、「死刑」を免れようとしたのか、
少しでも刑を軽くしたかったのか。
[br num=”1″]

インターネットの掲示板で
「お金儲けの話」の書き込みにつられて、
伊藤基樹,鈴木充が協力。
[br num=”1″]
この二人は、監禁だけに加わり、
殺害には関係していないと主張。
指示した第三者の存在を追っていたところのこの展開でした。

スポンサーリンク

まとめ

内山茉由子さんの事件。
最悪の結末ではないでしょうか。
[br num=”1″]
そして、芥川豊史の顔画像も公開されない、
謎の警察の捜査内容。
腑に落ちない。
[br num=”1″]
ただ思うのは、ご遺族の方のお気持ち。
悲しみのやり場がさらになくなりますよね。
心よりお悔やみ申し上げます。
[br num=”1″]
最後までお読みいただきありがとうございました!
[br num=”1″]

スポンサーリンク