静岡県浜松市の29歳の看護師内山茉由子さんが監禁、そして山中で遺体で発見された、事件。主犯格の犯人が遺体で発見。名前は芥川豊文(あくたがわとよふみ)。
どうも前科があるようで、その内容と人物像について調べていきます。

スポンサーリンク



芥川豊史の前科とは?

浜松の看護師、内山茉由子さんの事件で、
3人目の主犯格と言われて捜査が進められていた、
芥川豊史が遺体で発見されました。


この芥川豊史容疑者は、前科があるようで、
2009年か2010年頃、
高知県のサニーマート土佐道路東店の店長を呼び出し、
「パンに針が入っていて口に刺さった」と因縁をつけ、
慰謝料として現金をとろうとした疑いで逮捕されています。



サニーマート土佐道路東店


芥川豊史は暴力団員?

前述した芥川豊史容疑者の前科である、
パン屋さんに因縁事件なのですが、


この時に報道された内容のなかで、
芥川豊史容疑者は暴力団に所属していたことが
わかっています。


現在はどうなのかは分かりませんが、
もしそうだったとしたら、
この事件の背景にはとんでもない闇が潜んで
いるのかもしれません。


事件の詳細が明らかになるのを待ちたいですね。
情報が入りましたらこちらでも追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

静岡県浜松市の29歳の看護師内山茉由子さんの残虐な事件。
第三の主犯格の存在が明らかになりましたが、
もう自殺した後でした。
最悪の結末なのかと思うのですが、
今後、事件の詳細が明らかになることを待ちたいと思います。


今後も事件を追っていきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました! 


スポンサーリンク