エンタメ

入場料1500円の本屋の場所はどこ?文喫のウリは本だけではない!

12月11日にオープンした入場料1500円の本屋さん。

それがすごく話題になり、入場規制も施されることに。

その場所はどこにあるのか?

ウリは本だけじゃないって?

調べてみます!

スポンサーリンク



入場料1500円の本屋の場所は?

入場料1500円が必要な本屋さん。

名前は、
文喫(ぶんきつ)。

2018年6月に惜しまれながら閉店した青山ブックセンター六本木店の跡地にあります。

場所はこちら。

東京都港区六本木6-1-20六本木電気ビルディング1階

地下鉄日比谷線・大江戸線六本木駅 3・1A出口より徒歩1分

のところにあります。

立地条件は最高ですね。

入場料は1500円。

本離れが進むなか、この強気な姿勢ですが、

1500円で、本を読む場所を提供し、

本に触れ合う機会を設けてもらいたいという

思いを込めてオープンされました。

行ってみたいです!

スポンサーリンク

入場料1500円の本屋のウリ

本屋さんによく見られる派手なPOPは一切なく。

先入観なしに本を手に取って読むことができるのが

魅力のひとつだと言われています。

営業時間。9:00~23:00(L.O.22:30)までは

1500円で本が読み放題。

座ったり、足を伸ばして寝転べたりするスペースもあり、

自分の好きな態勢で本と触れ合える、

本好きの人にとっては最高の空間ですね。

コーヒーと煎茶は飲み放題のようです。

この文喫、

本だけがウリではなく、

食事がレストラン並みに美味しいということ。
(もちろんこれは有料なので当たり前かもしれませんが、かなり美味しいようです)

FOOD

牛ほほ肉のハヤシライス/1,080円

豚バラ煮込みのポークカレー/980円

ナポリタン 半熟卵のせ/880円

海老ドリア オマール海老のソース/880円

厚切りバタートースト/580円

10種の野菜のサラダボウル/880円

ミックスナッツ/380円

DESSERT

コーヒーゼリー ホイップクリーム添え/580円

とろけるカスタードプリン/580円

カカオニブとチョコレートのタルト/580円

レモンとはちみつのタルト/580円

COFFEE

カフェラテ/580円

デカフェ/580円

デカフェラテ/580円

TEA

ロイヤルミルクティー/680円

濃厚抹茶ラテ/680円

柚子蜜ジャスミンティーソーダ/680円

SOFTDRINK

りんごジュース/580円

ぶどうジュース/580円

みかんジュース/580円

ALCOHOL

プレミアムモルツ中瓶/580円

ギネス/680円

ヒューガルデン/680円

山崎(ソーダ割り/ロック/ストレート)/580円

ノンアルコールビール(オールフリー)/580円

引用:http://kuznews.tv/archives/10527

このメニューの中でもプリンが美味しいという声が

多くネット上ではあがっていました。

プリン・・・580円、

そんなに安くはないですが、本とプリンが好きな人はぜひ行ってみては?

スポンサーリンク

入場料1500円の本屋についてネット上の声

ぜひ近いうちに行ってみたいです!

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク