エンタメ

海老蔵のかくしご,現在は?隠し子がいる歌舞伎役者たちって他には?

市川海老蔵さんがテレビに出ていると、なんとなくて手を止めてテレビの画面に目が釘付けになってしまいます。

小林麻央さんが亡くなって、二人の子供のシングルファザー姿がどんな様子なのか気になる方も多いはずです。

そんな海老蔵さんに、昔かくしご報道があったのは覚えていますか?ワイドショーを賑わしたあのスキャンダル。振り返ってみましょう。

海老蔵さんのかくしごさんの現在は?年齢は?母親は?

調べてみます!

スポンサーリンク



海老蔵のかくしご,現在は?

これが2003年に明らかになった、海老蔵さんのかくしご報道についての記者会見の様子の動画です。

これは2003年のことで、かくしごの女児は2002年1月にすでに誕生しています。誕生後、1年ちょっと経ってから発覚。それに対しての記者会見です。

内容を要約すると、

女性:「妊娠した、産みたい」と告げられる

海老蔵:「結婚はできませんがそれでもいいですか?」

女性:「それでもいいです」

海老蔵:「わかりました。では責任をおいます」

というやりとりが女性との間にあったということです。

この時海老蔵さんは25歳、女性は4つ年上ということですので29歳。

年齢的には、できちゃった婚に発展しても全くおかしくないのに、海老蔵さんは結婚という選択肢は選べなかったようです。その理由に対しては「時期的なもの」ということで、まだ結婚して家族を持つ覚悟はできなかったのでしょうね。

ですが、世間の声はやはり海老蔵さんに厳しくて。

「無責任」
「ひどい」

というような声が多く上がりました。

この上記のようなやりとりが女性との間であったということですが、推測の域なのですが、女性にとってこんなに悲しく苦しいことってないんじゃないかなと思うのですがどうでしょう。

本当は、海老蔵さんに近くにいてもらって不安な妊娠中も出産も、初めての育児も、海老蔵さんと一緒に経験したかったはずでしょうし。ただでさえメンタル的に不安定にもなる産前産後の時期、どんな思いでその時期を過ごしていたのかなと思うと、少し胸が痛くなります。

その時生まれた海老蔵さんのかくしごの女の子は、2019年1月現在、17歳になります。未成年ですし、一般人の方なので名前や顔画像はもちろん公開されていませんが、海老蔵さんの娘さんですから、おそらくかなりの美人なのではないかと思われます。女の子は父親に似ることが多いと言われますしね。

スポンサーリンク

海老蔵のかくしごの母親は誰?

海老蔵さんのかくしごの母親は誰なのか?

それは、日置明子さんという女性です。

生年月日 1974年2月5日
現年齢 44歳
出身地 鳥取県米子市
血液型 A

鳥取県米子市出身。幼少期を智頭町で暮らす。

女性誌an・an等のモデルを経て、1995年1月11日に木根尚登のプロデュースにより、Winter comes around(TM NETWORKの曲のカバー)にてデビュー。1999年、sonoと改名。

引用:wikipedia

現在も東京に住んでいて、再婚しているとの情報もありません。

海老蔵さんと娘さんは定期的に会っていて、海老蔵さんは娘さんの進路相談にも乗っているという情報もあります。決して、憎み合った別れというようなわけではなく、結婚はできなかったけど、離れたところからサポートするという形をとったようです。

残念ながら、小林麻央さんが亡くなった時には、この日置明子さんと再婚の可能性があるのでは?と一部週刊誌にも書かれたことがあるようなのですが、現実的にはそれはなさそうですよね。

スポンサーリンク

隠し子がいる歌舞伎役者は他に誰がいる?

引用:https://www.eigeki.com/special/interview/1611_somegoro

松本幸四郎さん(市川染五郎さん)

1997年。
18歳のときに交際していた、6歳年上の元女優との間に女児がいることが発覚。認知済み。

引用:https://matome.naver.jp/odai/2147395535516607601/2147400686651945603

2011年に大阪のホステスとの間に隠し子がいることが発覚。
認知はせず養育費を払っていると報道されています。

まとめ

今回は海老蔵さんのかくしごについて調べてみました!

海老蔵さんには現在高校生になる女の子のお子さんがいて、認知はしていて養育費を払う形でのサポートしているようです。

歌舞伎役者さんといえば、やはりお顔立ちも綺麗で男前ですし、モテるんでしょうね。

海老蔵さんに関しては今後の再婚情報が気になるところです。そしてこれからもわたしは、海老蔵さんをテレビで見ると釘付けになってしまうんでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク