大学駅伝の人気が高まっていますが、
走る時に選手たちが鼻にテープを貼っているのはなに?

どんな効果が得られるのか?

気になった方も多いのでは?

調べてみました!

スポンサーリンク



駅伝 鼻テープは何のため?

駅伝をテレビで観戦するのが
楽しみのひとつという方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

その選手たちが
鼻にテープをしている姿が気になった方も
多いと思います。

その鼻テープの効果を調べてみました!

鼻テープは、
鼻孔を強制的に広げ、
呼吸を楽にするものだそうです。

もちろん肺活量は変わりませんが、
楽に多くの酸素を取り込むことに
有効だそうです。

鼻呼吸をすることによって、
頭もすっきりして、運動効率も上がるという声もあります。

スポンサーリンク

駅伝の鼻テープ どんな商品?

市販のブリーズライトを使用している選手が
多いようです。

スポンサーリンク

口呼吸が危険な理由

口呼吸では、
鼻呼吸ほど異物を取り除けないほか、
温度や湿度も高められません。

喉の奥にはリンパ組織があり、
通常であれば免疫がはたらくのですが、
鼻で排除されるべき異物まで喉に入ってくると、
除去しきれなくなってしまう場合があります。
すると気道が細菌やウイルスに感染する危険性が高まり、
風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます

引用:オムロン

口呼吸の危険性は
想像以上に影響がありそうです。

口呼吸の影響で、
虫歯や歯肉炎の原因になると考える医師も
いるようです。

まさに百害あって一利なしというものですね。

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク