マラソンの元日本代表で、世界陸上にも2度出場している原裕美子さん。昨年8月万引きして逮捕され、現在執行猶予中でしたが、またしても万引きで逮捕されています。
2度の逮捕、これはもう…。その理由として結婚破談という話が出てきていました。調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク



原裕美子 結婚破談理由は?相手はどんな人?

 


出典:ハフポスト

 

世界陸上に2度も出場した、マラソンの原裕美子選手。

執行猶予中にまたもや万引きで逮捕されています。これはもうストレスからくるものでしかないですよね。お金がないから、生活に困ったから、という訳ではなさそうです。

 

そんな原裕美子さんについて調べてみましたが、どうやらその背景には、その原因となる出来事が見えてきました。

 

それは結婚の破談

それも残酷なのは、結婚式まで挙げていたのに、入籍してもらえずそのまま破談となったというのです。

 

それは2016年10月のこと、原裕美子さんはその男性との結婚式の費用のために貯金の400万円も使っていたとも言われています。その後の幸せな結婚生活を夢見ていたことでしょう。現役時代の終わりにも、精神的に辛い思いをすることがあったようなので、結婚して女としての喜びを噛みしめようとしていたことでしょう。

 

結婚式は挙げたものの、入籍する前に男性との仲が悪くなり、そのまま破談。はっきりとしたその理由はわかっておりませんし、お相手の男性に関しても詳しい情報はありませんでした。

 

30代半ばの女性が結婚しようとしていた相手と、結婚式まで挙げたのに、貯金も使い果たしたのに、破談になったとは、そのショックははかりしれません。

 

また、その時に寿退職として仕事も退職していたそうなので、原裕美子さんにとっては失うものは大きすぎたようです。その頃から、原裕美子さんの人生が狂い始めたようです。

 

ストレスからくる吐き戻しから救って欲しいと願う心!

 

結婚相手との破談、それだけが原因ではないかもしれませんが、その後、原裕美子さんは摂食障害に陥ってしまいます。

 

前回逮捕された時の話ですが、その摂食障害が辛くて、救って欲しくて。
防犯カメラがあることを確かめつつ、万引きをしたそうです。しかも、全部万引きするのは申し訳ないからと、1つだけはちゃんと支払いを済ませていたそうです。

 

摂食障害と万引きは、昔から深いつながりがあり、摂食障害を抱えている人は「どうせ吐いてしまう」モノに対してお金を支払うことが惜しくなる感覚にもなるそうです。もともとストレスを抱えている状態なので、そのあたりの判断も鈍くなり、万引きを繰り返してしまうそうです。

 

小出監督が語られているように、原裕美子さんは真面目な性格。万引きをする自分が嫌だったのでしょう。なんとも胸が苦しくなる事件です。

 

執行猶予中の万引きの再犯、実刑の可能性は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法律には詳しくありませんが、調べてみたところ、執行猶予中の再犯の場合はもちろん厳しい判決が予想されます。

 

懲役実刑の判決が下されれば、執行猶予が取り消されるとともに、前の刑と合わせた期間を刑務所に入らなければなりません。

 

前の刑も合わせるのですね。知りませんでした。

 

ですが、万引きの再犯の場合は、事案によっては、再度の執行猶予がつくことがあり、前刑の執行猶予も取り消されないこともあるそうです。事案によってはというのは、情状酌量の余地などが考慮されるのではないかと思います。

 

今回の原裕美子容疑者の場合はどうなるのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は世界陸上の元日本代表選手だった原裕美子さんが、執行猶予中に万引きの再犯をし逮捕された事件について調べてみました。その背景には、女としてもっとも辛いのではないかという結婚破談という事実が見えてきました。

 

ストイックで有名な原裕美子容疑者、自分に厳しく、辛い時にもどんどん自分を追い込んでしまったのかもしれません。

 

ぜひ心身ともに元気になられて、もう再犯なさらないことを願いたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

こちらの記事もたくさんの方にお読みいただいています。
ありがとうございます!

スポンサーリンク