新年早々、またもや事件に発展する親子喧嘩が発生しました。

 

1月3日、大阪市城東区野江3丁目の自宅にて、正月で帰省していた大学生・林義久容疑者が父親と酒を飲んでいた場面で口論となり制止しようとした母親・林麻理さん(49)が間違えて息子に刺されるという悲しい事件が発生しました。

 

こちらの事件の概要と、林義久の顔画像やFacebookやツイッターなどのアカウントについて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

事件の概要は?

 

事件の概要をまとめてみました。

発生日時:2018年1月3日
発生場所:大阪市城東区の自宅

 

京都の大学に通いそこでひとり暮らしをしている林義久容疑者が年末年始のため帰省していた実家にてその惨事が起こってしまいました。息子が帰ってきて、一家で家族団欒の時間にどうしてこのような事件が起こってしまったのでしょうか。

 

 

ニュースの報道によると、お酒を飲んでいた父親と林義久容疑者が口論になり、林義久容疑者が父親を包丁で刺そうとしたところ、それを間に入って制止しようとした母親を誤って刺してしまったということです。よくドラマでありそうなシーンですが、現実に起こってしまったというわけですね。

 

 

その場所に居合わせた妹さんが通報したようなのですが、そのお気持ち、心情を察するに大変心苦しく思います。その場面は悲惨な状況だったでしょう。

 

林義久の顔画像は?Facebookは?自宅の場所は?

 

林義久の顔画像については報道で公開されていませんが、本人のものと思われるFacebookのアカウントが存在されていました。年齢や居住地などからみても本人のものと考えてほぼ間違いないと思われます。

 

もしこのアカウントが本人のものだとしたら、有名私立中学高校出身の超エリート大学生です。気になる方がいらっしゃったら検索してみてください。

 

このようなエリートな息子がどうしてこのような事件を起こしたのか不思議でたまらないのですが、林義久容疑者は調べに対して「父親と口論になり刺そうと思ったら止めに入った母親を刺してしまった」と容疑を認めて供述しています。また、「口のききかたが気に入らなかった」とも供述しているそうです。

 

「口のききかたが気に入らなかった?」とは親に対しての言葉でしょうか?と、強く疑問を感じてしまいますね。

 

また、ニュース報道では自宅の映像もありましたが、調べてみましたら自宅はこちらかと思われます。


ニュース報道でも感じましたが豪邸ですね。

実家では自営業を営んでいたようですね。車も高級車がとまっているので、その経営状況も良好だったのでしょう。

 

スポンサーリンク

ネット上の世間の声は?

 

このニュースに対してネット上の声は、

 

・この方、京都市左京区って、京都大学ですよね?
父親との仲が悪かったのなら、帰省しなくても良かったのに。

・こういうのって大学は退学にするのかな?

・信じられないニュースが多すぎる。

引用:Yahoo!ニュースのコメント欄より

 

などの声が上がっていました。

 

ツイッターでは、林義久容疑者の大学が京都大学医学部だという声が多々上がっています。これが本当だったら本当に今後の人生を台無しにしてしまった残念な思い、両親の無念さが余計に感じられます。

 

またコメント欄にありますが、大学側は林義久容疑者を退学処分にするのかというのはわたくしも大変興味があります。
この件に関しては、情報が入りましたらまた追記していきたいと思います。

 

まとめ

 

父親に怪我をさせたくない、息子を犯罪者にさせたくない。とにかく止めなければいけないと、自分の身を差し出して制止した母親の麻理さん。わたくしもきっと同じことをすると思います。結果的に重症ですが命に別状はないようで、そこは不幸中の最大の幸いだったと思います。

妹さんもその惨劇を目の当たりにして、ご自身で通報され立派だったと思います。

 

年末年始はなぜか家族で傷つけあう事件が多いですね。事件までとはいかずとも、口論になった親子はきっとたくさんあったかと思います。

久しぶりに会ったから、気になってたことを一気にお互い吐き出す。血が繋がっているから遠慮もない。そこにお酒も入っているとやはり感情も余計にエスカレートしていったのでしょう。

 

これを回避するには、日頃からのコミュニケーションで意思疎通をしっかりとることしかないかと思います。

 

あと子供はやはり親への感謝の気持ちを第一に。それがあればこの事件なんて起こらなかったでしょうにと、大変悔やまれてなりません。

 

林義久容疑者の更生と、お母様の回復を心よりお祈り致します。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
また書きますね!

スポンサーリンク