8月12日の夜。
大阪、富田林署の留置所から
逃走中の樋田淳也容疑者。

8月16日現在も
いまだなお逃走中で、
近隣住民の方々の恐怖の日々、
それとともに、
不便な生活を強いられていることでしょう。

富田林近辺では、
相次いで自転車やバイクの強盗、
金品のひったくり強盗も多発。

早く捕まえてもらわないと、
とんでもないことになりそうです。

樋田淳也の家族はいま何を思っているのでしょう。
樋田淳也の家族について調べてみます。

スポンサーリンク



樋田淳也の逃走経緯、顔画像を今一度おさらい

強盗などの疑いで逮捕され、
大阪府警富田林署の留置場に
勾留されていた30歳の男が
12日夜に逃走しました。

富田林署から逃走したのは、
8日に強盗などの疑いで逮捕され、
勾留中の樋田淳也容疑者です。

警察によりますと、
樋田容疑者は12日午後7時半ごろから
弁護士と接見。

約2時間後、署員が接見室を確認すると
樋田容疑者の姿がなかったということです。

接見は樋田容疑者と弁護士の2人きりで行われ、
警察が確認した時には弁護士も退室していて、
2人の間を仕切るアクリル板が外れかけていました。

警察は接見中にアクリル板を壊して逃げた可能性もあるとみて、
加重逃走の容疑で行方を捜査しています。

引用:テレ朝NEWS

逃走しているのは、
樋田淳也容疑者。

顔画像は、こちら↓

出典:テレ朝NEWS

名前・・・樋田淳也(ひだじゅんや)
年齢・・・30歳
職業・・・無職

出身・・・大阪府松原氏

また、
高校は行っていないのではないかと
いう情報もありますので、

最終学歴は中卒なのかもしれません。

スポンサーリンク

樋田淳也の家族は?

30歳とは思えないほどの
なんとなく幼い印象がしませんか?

子供がそのまま体だけ大きくなった感じ。

樋田淳也の少年時代から知るご近所の方々は
下記のように語っていらっしゃいます。

樋田淳也は、
・中学生頃から素行が悪くなった
・近所でも有名なワルだった
・友達もイカつい連中だった
・改造車を乗り回し暴走していた
・実家の広い芝生の庭で
ドラム缶の中に何かを入れてもやしていた
(火の勢いが強すぎて警察に通報されていた)

と言われていました。

家族構成は、
母、妹、祖母と暮らしていて、
地元では有名な地主でお金持ち。

10年ほどまえに父親が死亡。
その父親は公務員で市役所に勤めていたようです。

中学生のころから素行が悪くなっていたようなのですが、
その頃ちょうど反抗期。

一時的に
手がつけなくなるときもありますが、
その時期が過ぎれば落ちつくのが大抵でしょう。

松原市という土地柄、
やんちゃな子供も多いかもしれません。

ですが、
そのまま非行に走ってしまうので、
親子関係に何か問題があったのではないかなと
想像してしまいます。

父親が亡くなったことが
何か関係しているのでしょうか。

また、
幼少期はとても近所でも評判が良く、
おそらくいまは独立して、実家を出ている兄がいて、
その兄とボーイスカウトに入団し
社会貢献活動の経験もあるというのです。

そんな樋田淳也が
なぜこんな凶悪な犯罪を重ね、
さらには、留置場から逃走してしまったのか。

反省して、更生する気持ちは
芽生えなかったということでしょう。

 

出所してから
さらに罪を重ねて、
さらに留置場から逃走。

凶悪な犯罪を繰り返す人物は、
どういう心理状況にあるのか調べてみました。

まずは少年時代、
高校に行けなかったことに遡り、
そこに問題がありそうです。

もちろん中卒の方々がみんなそうではないと
思うのですが、

中学の時に悪い仲間とつるみ、
高校進学ができなかった、あるいは
進学しないことを選んだ少年は、

周囲から、
「あいつはワル」というレッテルを貼られることにより、
その目線が辛くなり、
どんどん非行に走っていってしまうようです。

自分では、
中学時代と何も変わらず、
「ちょっと悪いこと」をしているつもり。
それが少しずつエスカレートしていき、
もう歯止めが効かない状態。

樋田淳也もまさしくこのパターンなのでは
ないでしょうか。

こうなればもう更生するタイミングを失ったのでしょうか。
とは言っても、
今回の逃走の前には、
4年もの服役期間があったということです。

その4年では、
樋田淳也には更生に至るまで
いかなかったということでしょうか。

今回の逃走、
家族はどんな気持ちでいるのか。

もし自分が
この樋田淳也の母親だったらどうするだろう。
と考えても考えても、
何もアイデアが浮かびません。

スポンサーリンク

樋田淳也についてネット上の声は?

とにかく一秒でも早く
樋田淳也容疑者の身柄確保を願います。

最後までお読みいただきありがとうございました!


 

スポンサーリンク