8月12日の夜。
大阪、富田林署の留置所から
弁護士の接見後、
逃走中の樋田淳也容疑者が、

1ヶ月半の逃走後、
山口県で身柄確保とのニュースが
入ったのが9月29日の夜。

そして、
なんと一緒にいた男性の存在が!
まさかのその男性は….!!

詳しくみていきます。

スポンサーリンク



樋田淳也 山口で身柄確保?

警察によりますと、先月、大阪の富田林警察署から
逃走した樋田淳也容疑者(30)とみられる男が、
山口県内で身柄を確保されたということです。
警察は、本人と確認できしだい、逮捕する方針です。
引用:NHK

山口県のどこだったのかは分からないですが、
その距離は450〜500キロほどの
移動距離になっています。


このような情報もあります。

山口県周南市の道の駅。

お土産物や入浴施設がある
大型施設のようです。

大阪から山口県までの約500キロを
自転車で移動していたとはまさかのことでした。

自転車だと、小さい路地も入れそうですし、
捜査の目のすり抜けて
約1ヶ月半の逃走でした。

捕まったのは、
「ソレーネ周南」
山口県周南市戸田2713番地

万引きしようとして、
私服の女性警備員に捕まえられ
警察に通報されました。

私服の警備員!
しかも女性!

素晴らしいです。

手配書は全国レベルで、
あらゆるところに貼られていたので、

警備員の方の記憶にも
樋田淳也の顔が
しっかり残っていたのでしょう。

関西に住むわたしも常に頭の中にあり、
出かけるときは、まさかとは思いながらも、
少し怖い気持ちもありました。

スポンサーリンク

樋田淳也と一緒にいた男が逮捕された理由は?

大阪府警富田林署で留置中だった
樋田淳也容疑者(30)が逃走し、
加重逃走容疑で逮捕された事件で、
山口県警は30日、
同県周南市で樋田容疑者が身柄を確保される直前まで
一緒にいたとみられる住居不定、無職の
東浩司容疑者(44)を占有離脱物横領の疑いで逮捕し、

発表した。東容疑者は「樋田容疑者という認識はなかった。
知ってびっくりしている」と供述しているという。

東容疑者の逮捕容疑は、
7月下旬から8月上旬までの間に、
和歌山県橋本市内に放置されていた
大阪府高槻市の販売員男性(25)の
自転車1台を横領したというもの。

大阪府警と山口県警は、
樋田容疑者と東容疑者は
約3週間にわたり行動をともに
していたとみて、足取りを調べる。

引用:朝日新聞

逃走中の樋田淳也容疑者には
同行者がいた!?

それが一番驚きです。

一緒にいたのは

名前・・・東浩司
年齢・・・44歳
職業・・・不詳
住所・・・不定

いわゆるホームレスのような生活を
していたから、
ニュースでの報道など知らずに、

樋田淳也容疑者のことを
知らなかったのかもしれませんね。

そして、東浩司容疑者がなぜ
逮捕されたかというと、

東浩司容疑者が乗っていた自転車が、
人の物だったことから、
横領の容疑で逮捕されています。

この場合は横領という罪になるのですね。

東浩司容疑者の顔画像が
気になるところですが、
現在のところは公開されておりません。

こちらのサイトでも追記していきますね。

スポンサーリンク

樋田淳也 身柄確保にネット上の声は?


四国にも立ち寄っていたのですね。


しまなみ街道の可能性が高いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!


 

スポンサーリンク