火野正平さんといえば、俳優としても活躍され、何と言っても女性からモテることで有名な方。

そんな火野正平さんの内縁の妻が金銭トラブルを起こしていたと報道がありました。その内縁の妻とは?顔画像は?

詳しく調べてみます。

スポンサーリンク



火野正平 内縁の妻は誰,顔画像は?

出典:デイリー新潮

火野正平さんの内縁の妻に関する情報は、以下の通りです。

名前:不明
年齢:60代
同棲:1982年から
子供:火野正平さんとの間に女の子二人(すでに成人している)

という情報しかありませんでした。

1982年から同棲、二人の成人した子供ももちろん火野正平さんによって認知されていますし、未入籍ではあるものの夫婦同然の生活をしてきていたのでしょう。
火野正平さんはこの女性のことを「かあちゃん」といつも呼んでいたので、そこらへんにある家庭と同じように暮らしていたのでしょう。

最近は事実婚の夫婦も多いです。法律上でも戸籍の上でも認められている制度です。

そして、この火野正平さんの内縁の妻の顔画像が気になるところですが現在のところは公開されていません。

スポンサーリンク

火野正平 内縁の妻がお金使い込み?

〈この度、長年に渡る金銭の私的流用が発覚し、本人も認める事となりましたので、解雇致しました――〉 今年初めに鳳蘭(73)が関係先へ送った新年の挨拶には、こんな文言が記載されていた。〈本人〉とは、鳳の60代女性のマネージャーを指し、書面では実名が記されてもいる。横領によって事務所を追われた形だが、その女性は、火野正平(69)の内縁妻でもあるのだ。

 ***

 件の女性マネージャーは、いまから35年前、1984年に鳳が個人事務所を立ち上げて以来、二人三脚で歩んできた人物だ。発端は昨年11月。10年分の決算を確認したところ、鳳が認識していない使途不明金が発覚する。調査の結果判明したのが、マネージャーの私的流用だった……という。

「鳳さんはかなりショックを受けていましたけれども、横領金の一部が返金されたこともあって、コトを荒立てずに昨年末で解雇する形で決着させたのです」

 と明かすのは鳳の知人である。このマネージャーは“昭和の色男”こと火野の内縁妻としても知られていたという。

「82年ごろから火野さんと事実婚生活を続けてきました。成人した娘さんも二人います。鳳サイドは、横領金が火野家の生活に遣われた可能性も疑っていたようですよ」
引用:デイリー新潮<

この女性は歌手の鳳蘭さんのマネージャーを務めていて、今回鳳蘭さんの事務所のお金を使い込んでいたことが原因で解雇されています。
鳳蘭さんが関係各所に宛てた書面には、この火野正平さんの内縁の妻である女性の実名が記載されていたとも言われています。

火野正平さんは「うちのかあちゃんはそんな女じゃない」と否定しているのですが、根拠もないのに鳳蘭さんは実名名指しで攻撃するというのはないと思われますし、使い込み金の一部は返済されているという報道もあるので、いったい真相はどうなのか?気になるところです。

スポンサーリンク

火野正平 内縁の妻と未入籍は前妻と離婚できてなかったから?

事実婚という選択肢を選ぶカップルが多い中、この二人が同棲を始めたのは1982年。その頃はまだまだ事実婚というのは今ほど多くなかった頃です。子供もいながら入籍をしないというのは、日本ではまだまだ珍しいことだったでしょう。今でもまだまだそうですから。

なのに、入籍しなかった理由は、

前妻との離婚が成立していなかったからです。

火野正平さんと、その前妻は、1970年同棲生活から結婚し、1男1女をさずかり1972年に別居しています。同棲生活が長かったのかは分かりませんが結婚生活は2年というわずかな短い期間でした。

1972年に別居、離婚と報道されながら戸籍上ではそうではなくて2016年まで入籍状態だったようです。

ここは離婚の条件の折り合いがつかなかったのでしょうか、他に何か理由があったのでしょうか。

そのせいで、今回の話題になっている女性とは正式に結婚できなかったというのが、「事実婚」である理由なのでしょう。

まとめ

スポンサーリンク