平尾昌晃さんといえば、
老若男女誰もが知っている作曲家。
名作も多いです。

 

そんな平尾昌晃さんが亡くなったのが
2017年7月。

 

それから1年以上経って、平尾家はまさかの
遺産相続で大揉め状態に。

 

対決しているのは、平尾昌晃さんの
3番目の妻M(三枝)さんと、次男の平尾勇気さん。

 

平尾勇気さんには逮捕歴がある?wikiは?
この遺産相続の揉め事の発端は何?

調べてみました!

 

スポンサーリンク



平尾勇気 逮捕歴あり?


出典:SANSPO

こちらが、
2017年7月にお亡くなりになられた
作曲家の平尾昌晃さんの次男の
平尾勇気さんです。

 

少しお顔が似ていらっしゃいますね。

wiki風プロフィールは後述しますが、
気になるところが、

 

平尾勇気さんを検索すると、
「逮捕」というワードと一緒に検索されていることが多くて。

 

これはどういうことなのか?
平尾勇気さんには逮捕歴があるのかというのを
調べてみましたら、

 

結論から申しますと、
逮捕歴はありませんでした。

 

逮捕歴があったのは、
平尾勇気さんではなくて、

お父様の亡くなった平尾昌晃さんのほうで、

 

1965年2月20日、
拳銃不法所持で逮捕されています。

 

平尾昌晃さんハワイから拳銃を持ち帰り、
帰国後「日頃、興行でお世話になっているから」と

名古屋と東京の暴力団組長に
拳銃をプレゼントした事件が発覚した事件です。

 

これはこれは、衝撃的すぎるニュースですよね。

 

拳銃持ち帰るところも、
プレゼントした相手が暴力団とは、
現在の芸能界だったら、もう復帰は不可能ではないかと
思うのですが、当時はそのあたりは
ゆるかったんでしょうか。

 

というわけで、
平尾勇気さんには逮捕歴はありませんでした。

 

それにしてもなぜ、こんな風に
「平尾勇気 逮捕」と、検索されてしまうのか、

 

それも含めて後述いたします。

スポンサーリンク

平尾勇気wiki風プロフィールは?

ヒカキンさんに似ていると噂の
平尾勇気さん。

実は世間の声は厳しくて、、、、

と、こんな声もあります。

金髪の風貌がなんとなくイメージダウンで、

前述の「逮捕」というワードも浮上してしまったのかなと、
思ってしまうのですが。

 

この平尾勇気さんも歌手で、

 

2004年、ポニーキャニオンレコードからメジャーデビュー。

 

自ら作詞作曲した『ハダカの楽園』という曲があり、
TBS番組『サンデージャポン』のエンディングテーマ曲になり
有線チャート3位を獲得し、
日本レコード大賞新人賞候補にノミネートされていました。

平尾勇気さんのwiki風プロフィールは、

生年月日・・・1981年3月10日(37歳)
出身地・・・東京都港区西麻布
学歴・・・湘洋中学校卒業

(父親の)平尾昌晃さんは
1972年に当時現役女子大生だった女性と結婚、
長男をもうけたが、
自身が経営する音楽学校の秘蔵っ子だった
歌手・小沢深雪との不倫を疑われ、離婚裁判となった。
78年には小沢との再婚を発表し、同年、
次男が、81年に三男の勇気が誕生。
しかし、この結婚生活も破綻し、
2013年、20年以上にわたり
公私ともに平尾さんを支えた
元チーフマネジャーMさんと再々婚していた。
引用:デイリー

 

母親は、平尾昌晃さんの2番目の妻、
歌手の小沢深雪さん。

 

 

そのお二人の間に生まれた二人の間に生まれたのが
勇気さんと、
三男さんがいらっしゃいます。

平尾昌晃さんと小沢深雪さんと、
離婚されていて、平尾勇気さんら子供は、
平尾昌晃さんに育てられていましたが、

 

ニューヨークに移り住んだ小沢深雪さんと、
平井勇気さんの交流はあったようで、
音楽に関するアドバイスも母親から受けていたようです。

 

 

特筆すべきことは
2013年に交通事故にあわれ、
大怪我をされていたこと。

 

生死に関わる状況でもおかしくなかったような
大きな事故だったようですが、
現在はご無事で後遺症などもなさそうです。

 

過去は大スターの二世タレントとして、
お小遣いをもらったり、
パーティーでどんちゃん騒ぎしたりと、

パリピ気質で、平尾昌晃さんを悩ませ続けたとも
言われていますが、

 

もしからしたら、この大きな事故は、
人生の価値観を変える大きな出来事になったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

平尾勇気 義母と遺産対決にネットの声は?


確かに。
他にも息子さんは二人いらっしゃるはずですが、
この件に関しては、
他の息子さんたちはどう思っていらっしゃるのでしょうか。


やはり金髪がイメージが悪いのでしょうか。


歌に対する情熱は平尾昌晃さんの遺志を
継いでいるんでしょうね。

 

この平尾昌晃さんの遺産を巡る家族間のトラブル。
これだけの遺産がある人は、
やはり、遺言書は必要だったんじゃないかなと。

 

残された家族のためにも、
平尾昌晃さんが遺志をはっきり残していらっしゃれば、
こんな揉め事はもしかしたら
なかったかもしれませんね。

 

残されたご家族が仲良くいることが、
故人の唯一の願いだと思いますので。

 

この平尾家の遺産相続問題。
今後の展開が気になります。

このブログでも追っていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク