9月6日午前3時8分頃、
北海道の胆振地方中東部を震源とする
最大震度6強の北海道地震。

大規模な停電、土砂崩れ、
液状化現象など、被害は相当なものに。

ここでは、その被害のまとめ、
また、災害時、非常時に役立つ情報をまとめてみました。

スポンサーリンク



北海道地震の規模は?

6日午前3時8分ごろ、
北海道の胆振地方で震度6強の強い揺れを観測する地震があった。
この地震による津波被害の心配はない。

各地の震度は、

震度6強が
安平町、

震度6弱が
千歳市、

震度5強が
札幌市北区、苫小牧市、江別市、三笠市、
恵庭市、長沼町、新ひだか町、

震度5弱が
函館市、室蘭市、岩見沢市、登別市、伊達市、
北広島市、石狩市、新篠津村、
南幌町、由仁町、栗山町、白老町などとなっている。

各地では土砂崩れが起きていて、
北海道警によると、北海道・厚真町では土砂崩れの影響で、
19人の安否がわからなくなっている。

FNNの調べでは、これまでに100人以上が重軽傷を負っている。

引用:FNN

このニュースが配信されたのは、
9月6日の午前9時頃。

その時すでに、100人以上の重軽傷者の
発表。

今後その被害はどのようになるのか、
心配です。

北海道地震の被害は?Twitter情報まとめ

まず驚くべきは全道停電したということ。
この地図を見てもその停電規模の凄さがわかります。

まずは、液状化現象と思われる、
道路が「ぐにゃぐにゃ」の状態。

これでは、避難するにもできないし、
足がお悪い方、
お年寄りで自力で移動できない方、
避難ができません。

土砂崩れもしています。

道路も陥没しています。
そこにタイヤを落としてしまう自動車もある
という報道もされています。

スポンサーリンク

災害非常時の役立ち情報まとめ

Twitterでは、
#北海道地震
というハッシュタグで、

地震の最新情報、規模、被害などが
情報提供されています。

そして、
災害時に必要な、役に立つ情報も
たくさんツイートされています。

まとめてみました。


全道停電ということで、
スマホのバッテリーが気になるところです。
ぜひ、不要なアプリの通知をオフに!
いざという時に使えるバッテリーを残して!


灯りがあること、
明るいということがどれだけ不安になるか、
わたしも阪神大震災の時に、
学びました。

こういう知識があるだけで
気持ちが違います。

怖いのが通電火災です。
避難時、外出時にはチェックしておきましょう。


カップラーメンは水でも20分放置で美味しく食べられる!!!

スポンサーリンク

まとめ

北海道地震の被害の大きさを見て、
改めて地震の怖さを感じました。

情報が混乱して、
停電も続くと、精神的なダメージも大きくなります。

ぜひ、身の安全第一に
お過ごしください!

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク