夏の甲子園、100回大会。
大阪桐蔭の強さに圧倒されますが、
そんな大阪桐蔭の強さの理由が
分かったような気がします。

というのも、
大阪桐蔭の三塁コーチャーの
俵藤夏冴(ひょうどうなさ)選手(背番号14)

対戦している相手チームの選手が
負傷したらすぐに走っていくその精神に
甲子園が感動です!

大人も頭が下がりますね。

それだけではなく
イケメンというのも話題の俵藤夏冴選手について
調べてみます!

イケメン画像も集めてみました!

スポンサーリンク



大阪桐蔭 俵藤夏冴選手に感動!


出典:朝日新聞

これは8月13日の沖学園との対戦中、
足が痙攣した選手に
氷嚢を当てているのが、俵藤夏冴選手。

「日常から一つのことだけでなく、周囲を見るようにしている」
「そうすると野球でも自然と声が出るようになります」
引用:朝日新聞

大阪桐蔭はこういう教えをしていて、
それが圧倒的な強さに繋がっているのでしょうね。

高校生で
こんな経験、人間力を身につけていられていることに
嫉妬してしまいそうです。

そして、


8月18日の準々決勝。
対戦相手は浦和学院。

大阪桐蔭の石川選手が放った打球が
浦和学院の川北投手の右足に当たった場面。

ひやっとしましたが、
すぐに駆けよかったのは
またまた俵藤夏冴選手。

浦和学院の川北投手は試合後に、

このことに対して、
すぐに対応してくれて感謝。
相手チームなのにやってくれた

そこでの差もまだあるのかもしれない
ああいうチームが勝つんだなと思った

こう語っていました。

野球の技術だけではなく、
いろんなことに目を向けられる能力。
そういう力は、
俵藤夏冴選手は先輩から継承したものだそうです。

こんな選手ばかり集まってる
大阪桐蔭の強さ、やっぱり半端ないんですよね。

スポンサーリンク

大阪桐蔭 俵藤夏冴選手のプロフィール

俵藤夏冴のプロフィールを調べてみました!

愛媛県の今治出身なので、
いまはご両親の元を離れて
生活しているんですね。

・出身中学・・・今治市立西中学出身
・クラブ・・・今治中央ボーイズ
・好きな食べ物・・・寿司
・嫌いな食べ物・・・果物
・趣味・・・漫画

趣味、漫画というところは
普通の高校生なのですね。

スポンサーリンク

大阪桐蔭 俵藤夏冴のイケメン画像まとめ

 


イケメンでかっこよくて、
スポーツマンスピリット溢れる俵藤夏冴選手。

甲子園での姿を両親に見せること、
野球を続けることが
両親への親孝行。

と語る俵藤夏冴選手。

子供が自分の好きなことをずっと続けてくれること、
それが親にとって
何よりも嬉しいことでしょうね。

大阪桐蔭、優勝に向かって
頑張って欲しいです!
応援しています!

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク