2017年6月に起きた神奈川県、東名高速道路で起きた、いわゆる「あおり運転事故」。

石橋和歩に対する裁判員裁判が行われています。

2017年6月に、この事件が起き、いろんな「あおり運転」のドライブレコーダーの記録が世に出回り、運転が怖くなった人も少なくないでしょう。ドライブレコーダーの取り付けに急いだ人も多かったというニュースも流れました。

この石橋和歩という人物はどんな人物なのか、なぜ、こんな事故を引き起こしたのか。今の心情は?そして、何より気になるのが、どんな生い立ちで、どんな育てられ方をするとこうなるのか?親の顔が見てみたい。そう思ってしまう人も多いと思います。

石橋和歩の生い立ちや性格なども含めて考察してみたいと思います。

スポンサーリンク



石橋和歩の親の顔と育て方

石橋和歩は、3人兄弟の真ん中。

わたしも子供が3人いますが、中間子の育て方はとても難しいと感じます。上と下の子を見て育っているから、とにかく要領がいいというか、両親に怒られない術を身につけていて、一見しっかりしているように見えます。ですが、やはり子供ですから、両親からの愛情を欲しがっている。「中間子ほどよく目をかけてあげなければいけない」と人生の先輩にアドバイスをもらって以来、手がかからない中間子ですが、ずっと目はかけるようにしています。

石橋和歩の両親は、幼少の頃は自営業を営んでいて共働きだったようなので、寂しい思いもしていたのかもしれません。両親に対して何か言いたいことも、言えずに我慢していたこともあったかもしれませんね。

そんな石橋和歩の性格はおとなしく、目立たず、あまり喋らない性格だったと言われています。言いたいこと、思ったことを、言語にせず、うちに秘めるタイプの人間だったようです。

となると、もしかしたら人とのコミュニケーションをとるのは苦手だったのかもしれませんね。それがいつしか、コミュニケーションの相手が人ではなく「車」となっていったのかもしれません。

ネット上ではこういう声がよく見られます。

親の顔が見たい!

ですよね。もちろん、両親の顔は公開されていませんので、ここに載せることは不可能なのですが、現在はどんな心境で生活しているのか、気になるところです。ですが26歳の息子がしたこと。親の責任だとは言えないですかね。

石橋和歩の両親の離婚

石橋和歩が高校2年生の時、両親は離婚をしています。石橋和歩は母親につくことになりました。

高校2年生の男の子が両親の離婚に関してどう感じていたかはわからないですが、男の子は意外に精神的に幼い面もありますしショックは受けたことでしょう。3人兄弟の兄と弟は父親の方についていくことで別離という形になっています。多感な時期の大きな環境の変化はが石橋和歩の性格に影響をまったく与えなかったわけはないと思われます。

しかも母親は当時から無職で、石橋和歩が高校を卒業してからは母親の生活の面倒を全てみていたと言われています。住まいは2DKの年季が入ったアパート。家賃は3万円程度。高卒の男性が働いて家賃を支払い、自分だけならともかく母親まで生活の面倒を見るというのはなかなか難しく、金銭的には非常に厳しい状況だったことでしょう。

26歳の子供を持つ母親って、まだ現役で働けそうな気はするのですが、体調不良などの理由があったのでしょうか。その母親は石橋和歩が事件を起こしてすぐに家を出ていて、どこで暮らしているかはわかっていません。

スポンサーリンク

石橋和歩の性格

石橋和歩の性格は、前述のとおり、おとなしくあまり喋らないという性格だったようですが、運転をしだすとパトカーすらも煽って追いかけてしまうほど性格は豹変するようでした。

赤色灯点灯させ追尾中のパトカーに「警察が法律を守っていない」と怒りくるって追いかけていたそうです。これはありえない行為ですよね。普段からおとなしく、あまり喋らない性格の人間が相手は警察であっても我を忘れてキレてしまう。この心理ってどうなんでしょうね。

車に乗ると人格が変わる心理を調べてみると、

・車という狭くて閉鎖されている空間は、そこが自分の城だと感じ気持ちが大きくなる。

・閉鎖された空間でストレートに本音が出てしまう。
 つまりはそれが本当の姿。

・普段の生活からストレスを溜めている人ほど、車の中で豹変すると言わている。

まさに!という感じですよね。

だからといってこれは何の理由にもならず、今回は二人の尊い命が奪われています。突然両親を奪われた娘さんたちの気持ちを考えると胸が張り裂けそうになります。どんな理由があったとしても、決して許される行為ではありません。

スポンサーリンク

まとめ

石橋和歩に関しては、連日の報道を見ていて、反省しているのかそうでないのか、それが分からない。反省していないのでは?とも思ってしまう言動も多々あります。

12月10日に検察側の論告求刑と弁護側最終弁論が行われます。この日はテレビの前で速報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク