プロ野球

ホセカスティーヨの死因,交通事故は強盗のしわざ?手法が恐怖すぎる!

元大リーガーで横浜、ロッテでもプレーしたホセカスティーヨ内野手(37)が母国ベネズエラで交通事故により死亡したとの報道がありました。

その交通事故は普通の交通事故ではなく、強盗目当てだったという事実が浮かび上がってきました!

その強盗の手法が恐ろしすぎます。調べてみました!

スポンサーリンク



ホセカスティーヨの死因,交通事故は強盗のしわざ?

ベネズエラで起きた一つの交通事故。二人もの人が死亡しています。

最初の報道は、

アメリカのテレビ局ユニビジョンスポーツのマルコス・グランフェルド記者は自身のツイッターで「元エンゼルスのルイス・バルブエナ内野手が、元パイレーツのホセ・カスティーヨ二塁手と共に交通事故で亡くなった」とツイートし訃報を伝えている。

引用:https://full-count.jp/2018/12/07/post262440/

普通の「交通事故」として、報道されていました。

高速道路上での交通事故なので、もしかしたらスピードの出し過ぎでハンドル操作を誤ったのかとも思ったのですが。事実はそうではないようです。

米大リーグ、エンゼルスに今季途中まで所属したルイス・バルブエナ内野手(33)と、元大リーガーで横浜、ロッテでもプレーしたホセ・カスティーヨ内野手(37)が母国ベネズエラで交通事故により死亡したとの報道から一夜明けた7日(日本時間8日)、ニューヨーク・ポスト(電子版)など、複数の米メディアは事故に関連して4人が強盗容疑で拘束されたと伝えた。

同サイトは、ベネズエラ紙の報道や同国のヘレディア・ヤラクイ州知事のツイッターの内容を引用して2選手が犠牲になった事故について詳報。当初は2選手らを乗せた車は落石を避けようと対向車線に進入して衝突したとされていたが、実際には強盗を目的として4人組が意図的に道路上に障害物を置いて事故を起こさせたという。「ベネズエラでは一般的な手法」だと伝えた。デイリー

走行中の車の前に落石があり、それを避けようとして対向車線にはみ出してしまったということなのですが、まさかのその落石は、人によって故意的に置かれたものだったのです。

その落石が置かれた理由は、なんと「強盗」目的であり、驚くべきは、ベネズエラではそれが一般的な手法なのだそうです。

人の命まで奪い、そして、その場所から金品を盗む手法。それが一般的なのだというのですから、驚きを隠せません。

スポンサーリンク

ネット上の声は?

ホセカスティーヨ選手と、ルイスバルブエナ選手のご冥福をお祈りしております。

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク