お笑い番組を観ていて、こんなに疲れる番組ってほかにないですよね。「M1グランプリ」。

今年がラストチャンス、2017年の敗退時にその涙が話題になったジャルジャル。

ジャルジャルの福徳さんが流した昨年の涙の本当のワケ。
また今年は果たして???

気になる情報をまとめてみました!

スポンサーリンク



ジャルジャル 福徳の涙の本当のワケは?

出典:Gyao

2017年12月、第13回、M1グランプリ。

ジャルジャルはまさかの準決勝敗退で、その時、思わず得点発表時に涙を流したジャルジャルの福徳秀介さん。

出典:Gyao

涙する福徳さんを見て、自分がしっかりしなければと思ったのか、相方の後藤淳平さんは

いやぁ〜
審査員の方、全員こしょばしたら点数あがりますか?

と精一杯のボケに、

涙の福徳さんが、

お前、こんなときによぅボケれるなぁ

と言ったこの瞬間が今でも忘れられません。あれから早くも1年経ち、ジャルジャルはM1ラストイヤー。

出典:https://www.m-1gp.com/entry/

2003年4月に結成したジャルジャルは、この出場資格「結成15年以内」という規定から、もう今年がラストチャンス。注目はさらに集まっているのはこのせいですね。

さて、この2017年のM1グランプリで、ジャルジャルの福徳さんが涙を流したのは、「悔し涙」なのかなと思うのが当たり前かなと思うのですが、調べてみますと、「悔し涙」ではなく、ただただ悲しかった涙だったようです。

・何度も練習した
・老若男女にうけるネタだと自信があった

から、その緊張の解放とともに、込み上げてくる感情を抑えることができなかったのでしょう。そして、この老若男女にうけることを狙った理由は、笑いのプロの審査員の中には相性の良い審査員、そうではない審査員がいる。そんなことを考慮して、「みんなにうける」ネタを披露したという自負はあったのでしょう。

スポンサーリンク

ジャルジャル2018年M1グランプリ 予想

オンリーワンがナンバーワンになることはできるのか?

いつも新しいジャンルに挑戦し続けるジャルジャルの二人。ジャルジャルの世界観をしっかり持っている二人ですが、それが果たしてM1で認められ優勝できるのか。
それが見どころです。

ネット上での声は、

和牛かジャルジャルか?というところかと思うのですが、みなさんはどう思われますか?

スポンサーリンク

まとめ

第14回、M1グランプリ。今回がラストチャンスとして挑戦する、ジャルジャル。
2017年の悔し涙は、わたしも感情移入して思わずもらい泣きでした。今年は優勝できるのか?ぜひテレビで応援したいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク