6月18日の大阪を中心に起こった大規模な地震。その被害が広がってきていますが、その中で悲しい出来事が。高槻市立寿永小学校のブロック塀が女児に崩れかかり、亡くなるというあってはならない事故。これは寿永小学校へ?高槻市への責任問題が問われるのではないかと思われます。手抜き工事の可能性は?詳しくみていきます。

スポンサーリンク



寿永小学校のブロック塀とは?

ニュースサイトより引用しますと、

プールの壁、その塀が歩道側に倒れかかって、
9歳の女の子が倒れてきたプールの壁に挟まれて亡くなったということです。
引用:TBS


高槻市立寿永小学校のブロック塀とは、
このようなものです。
これは倒れる前のものです。

この塀の向こうがわに屋外プールがあります。
道路側から丸見えになることを懸念して、
半分から上をブロック塀で高さを増して、
目隠し代わりにでもしていたのでしょうか。

引用:NHK

それがこのように倒れて、女の子は下敷きに。
倒れてくるというか、上から落ちてきたという表現のほうが正しいかと思います。


その下敷きになった女の子(9歳)は
搬送された病院で死亡が確認されました。


事故発生当時、通行人や学校関係者が、
助けようとしましたが、
女の子に覆いかぶさったブロック塀はびくともせず、
どうすることもできなかったようです。


学校へ送り出した娘がこんな目に…
親御さんのお気持ちを考えると、
胸が締め付けられます。

寿永小学校の場所は?


大阪府高槻市栄町3丁目11−2
JR摂津富田駅、阪急富田駅下車南南東へ約1.7kmの
ところにある公立小学校です。


横を走行する車と、高さを比べてみてください。
車の高さは140cmほどでしょうか。
9歳の女児だったら、同じくらいか、もう少し小さいか。
とにかく、自分の背丈よりも高いブロック塀が、
上から落ちてくるなんて想像するとその恐怖がどんなものか、
わかりますよね…

寿永小学校のブロック塀は手抜き工事だったのか?

もともとブロック塀は、地震に弱いと、
阪神大震災の時から言われていました。
大変もろいものだそうです。


この日、大阪市東淀川区の80代の男性も、
同じく自宅のブロック塀の下敷きになって亡くなっています。


やはりブロック塀は地震に弱いんです。


それに加えての、固定用鉄筋が入っていないのではないかという声に、
手抜き工事を疑わざる事態になっています。



その前に、阪神大震災を経験しているのに、
震災後にこの塀が作られていたのならば、大問題です。


通学路周辺に見られる、「グリーンベルト」
これは、歩行者に対する注意をドライバーに促すものです。


ここでは、ほとんどの方が子供達に細心の配慮をし、
多くの方が車を徐行させるのではないでしょうか。


子供の安全を守るべき通学路での危険が、
学校の責任にあったのならば、それは許されることではありません。
工事に不備はなかったか、
もともと、危ないという声も上がっていたという報道もありますので、
学校だけではなく高槻市の対応にも疑問ですね。

スポンサーリンク

まとめ

6月18日の大阪北部大規模地震。
高槻市立寿永小学校の三宅瑠奈さんが登校中に、
ブロック塀の下敷きになり亡くなるという事故が発生。


そのブロック塀は大変脆い作りで、
手抜き工事では?という声も出ています。


そもそも、ブロック塀は地震に弱い!
これを学校に、あの高さで、使用していたことが、
大変不思議です。


まだまだ大きな地震が続いてくるのではないかという声もあります。
お子さんたち、もちろん大人もなのですが、
屋外を歩く時、老朽化してそうな大きな壁のすぐ横を歩くのは
大変危険だそうです。
ぜひともお気をつけください!


最後までお読みいただきありがとうございました! 


スポンサーリンク