10月1日に横浜市のJR関内駅前の
ビルの屋上付近から看板が落下し、
下の歩行者の男性(65)に直撃。

男性はその後死亡が確認されました。

このビルとはどこなのか、
場所を特定。

また、なぜ看板は落ちたのか、
調べてみます。

スポンサーリンク



■目次

横浜関内 看板落下事故とは?

ニュースサイトより引用します。

1日午後3時半ごろ、
横浜市中区尾上町5丁目で、
9階建てビルの屋上付近の外壁の一部がはがれ落ち、
下の歩道を歩いていた会社員の男性(65)に直撃した。
神奈川県警によると、男性は鼻や口から出血しており、
病院に運ばれたが、約1時間50分後に亡くなった。

加賀町署によると、
落下したのは金属製の四角形4枚で
、縦横約1~3メートル。

同署は業務上過失致死の疑いを視野に、
当時の状況を詳しく調べている。
落下と台風24号との関連は不明という。

現場は横浜スタジアムや
JR関内駅に近い同市中心部。
当時、男性の他にも通行人がいたという。

引用:朝日新聞

台風24号との関係は不明のようですが、
おそらくその関係はありそうですよね。

このビルの一部剥がれている部分が
落下したとのことです。

9階建てのビルなので、
30メートルはあったかと思います。

ビルの管理体制に問題がなかったかは
注目したいところです。

スポンサーリンク

横浜関内 外壁落下死亡事故 場所はどこ?

この横浜市関内のビル外壁落下じこの場所はどこなのか
調べてみました。

このビルですね。

1Fに、ゴルフパートナーという
ゴルフショップが入っている雑居ビル。

ビルの名前は、
「KIT関内ビル」
住所は神奈川県横浜市中区尾上町5丁目69です。

亡くなった方は、
男性で、65歳の方でした。
ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

ネット上の声は?

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク