日本のスポーツ業界に激震。

 

カヌーの鈴木康大選手が、東京オリンピック出場をめぐるライバル選手である小松正治選手の
飲み物に禁止薬物を投入したという事件が明らかになり、スポーツ業界には激震が走っています。

 

また、鈴木康大選手は他の選手にも妨害行為をしていたことが判明。カヌー連盟は除名処分を検討しています。
当然だと思います・・・。

 

スポンサーリンク



鈴木康大は他にも妨害行為をしていた?除名処分も検討か

 

鈴木康大のプロフィールなどの関連記事は
こちらに書いています。

ライバルの飲み物に禁止薬物でドーピング疑惑にさせたカヌー選手は誰?
鈴木康大(カヌー)顔画像は?嫁 久野綾香と夢みた東京五輪に出たかった!

合わせてお読みいただけると流れが分かりやすいかと思います。

事件の概要はこちら

 日本カヌー連盟は9日、昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)で鈴木康大選手(32)=福島県協会=が、優勝した小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤メタンジエノンを混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となっていたと発表した。

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は昨年12月13日付で、鈴木選手に8年間の資格停止処分を決定。10月20日に通知した小松選手の暫定的資格処分を解除し、資格停止は科さずに救済する。日本選手権の成績は抹消される。JADAによると、他者からの薬物混入によるドーピング違反発覚は国内で初めて。

鈴木選手は同連盟などの調べに対し、ライバル選手を陥れようとしたと説明している。小松選手は禁止物質の摂取を否定し、同連盟による調査の過程で鈴木選手が禁止物質を混入させていたことを認めた。

引用:朝日新聞デジタル

今回あらたに、
鈴木康大選手は、小松正治選手以外にも妨害行為とみられる行為をしていたということが
発覚していました。

練習に使う道具などを盗んでいたそうです。

今回の小松正治選手も9月の日本選手権のあとツイッターにこんな投稿を
しています。

パドルとGPSがなくなったと投稿しています。
これも鈴木康大選手の仕業なのでしょうか。

 

被害者の小松正治選手の紳士的なコメントが話題に

この事件が本日公表され、
被害者の小松正治選手は代理人を通じてこのようにコメントを出しています。

 関係者各位

今回、周囲の皆様のご支援を得て、競技生活に復帰することとなったことについて、心より感謝の言葉を述べたいと思います

。2020年の東京オリンピック出場を目指して、日本代表として、今後とも競技に精進していく所存です。

小松正治

きっとこれだけにはおさまらない、相当の思いが胸中で混雑しているでしょうが、
シンプルに、そして、『感謝』という言葉を使って表現していることに、
男らしさが感じられます。

ぜひ小松正治選手には東京オリンピックに出場していただきたいですね。
その時には精一杯応援したいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

9月におきたこのドーピング疑惑に発展した薬物混入事件。
カヌー界だけではなく日本のスポーツ界にも激震でしょね。

鈴木康大選手は、除名処分も検討中です。
オリンピックを目指す気持ちが強かったばかりに、
そのせいでカヌー選手生命を失うことになってしまいました。

まだ明らかになってないことも多々ありますので、
今後の動きにも注意したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
また書きますね!

スポンサーリンク