【悪評判は前から…?】5月30日、男子ゴルフ日本ツアー選手権のプロアマ大会で、片山晋吾プロが、アマチュアゲストの招待客に不愉快な思いをさせ、プレーを断念させた事実に対し、制裁処分を課せられることが分かりました。片山晋吾プロはゲストに何をしたのか、どんなトラブルだったのか、調べていきます。

スポンサーリンク



片山晋吾がプロアマ大会で起こしたトラブルとは?何をした?

このトラブルをまとめてみますと、


  • プロアマ開催日時・・・2018年5月30日
  • 場所・・・茨城県笠間市グリーンフェスかさま
  • ツアー名・・・男子ゴルフ日本ツアー選手権プロアマ大会

上記にて、
片山晋吾プロが招待客ゲストに、不愉快な思いをさせ、
そのゲストはそれ以降プレーを続行することができず
断念したという事実が分かりました。



では、
不愉快な思いをさせたとは具体的にどういうことなのか?
というところですが、


その内容は以下の通りです。

男性がグリーン上でプレー中に片山選手がパターの練習をし続けたことなどに対して、
男性が不愉快な思いを抱いたという。

男性はその後プレーをやめた。
その日のうちに、男性が同機構にトラブルがあったと連絡したという。

引用:朝日新聞

この時、その場では怒号が響き渡り、
騒然としていたようです。


この類の話はよく聞いていて、
男子のプロアマ大会での、プロの選手の態度については、
前々から悪評はあったようです。


そもそもプロアマ大会ってなに?
片山晋呉プロは、練習しててどうして厳重処分?



この点について次で説明していきます。



スポンサーリンク

プロアマ大会はゴルフ界の接待?

プロアマ大会とは…?

プロゴルフトーナメントには、
たいてい主催者やスポンサーの企業名や製品名がついています。

それは言うまでもなく、
トーナメントを通じて企業や製品の宣伝やイメージアップ効果を見込んでいるからです。
しかし、実は主催者やスポンサーがトーナメント開催に際して最も重視していることの一つが、
プロアマ大会なのです。
引用:日本経済新聞

ゴルフトーナメントには5億円のお金がかかると言われています。
そのトーナメント開催にあたり、
初日に、スポンサーをゲストとして招待して、
一緒にラウンドするというのがプロアマ大会。


ラウンド中にはレッスンがあったり、
トークがあったり、
と、いつもお世話になってる方へ、


言い方は悪いですが、「接待」する日なのです。


ですが2003年頃から、
男子選手への評判はすこぶる悪く、

今回の片山晋呉プロのように、
「自分の練習ばかりする」
「愛想が悪い」

などの声が多く聞こえる事態だったようです。

このプロアマ大会では、プロの選手にお給料が支払われているので、
その中で、自分の練習をするのは、
ちょっと違うのでは?という話のようです。
確かに。。。


それに比べて女子は、
「おもてなし」の精神を貫いており、そのことは、
実際に、年間開催トーナメント数は、
男子のそれを上回っていることで証明されています。


ゴルフもビジネス。
「営業」「接待」うまく立ち回れる人材でないと
ダメな時代のようです。

片山晋呉へのネット上の声は?

片山晋呉プロ、
いい評判を聞いたことがありません。


わたくしも実際、観戦したことがありますが、
なんとも言い難い態度で言葉を失った記憶があります。


そして、
ご本人は、そんな騒動後、

引用:片山晋呉インスタグラム
夜中にラーメン食べに行こうか悩んでたらしいです。。。

スポンサーリンク

まとめ

男子ゴルフ日本ツアー選手権のプロアマ大会で、
片山晋吾プロが、アマチュアゲストの招待客に不愉快な思いをさせた件で
処分が課されるとのニュースについてでした。
片山晋呉プロ、どうなるのでしょう。


最後までお読みいただきありがとうございました! 



スポンサーリンク