女性は車に乗る時に、ブレーキホースを確認しましょう。

 

和歌山県由良町に住む川村拓也容疑者(38)が、
一方的に好意を寄せていた同僚の女性の
乗用車のブレーキホースを切断しました。

 

この事件について調べてみます。
川村拓也容疑者のFacebookやツイッターアカウントについても
調べてみます。

 

スポンサーリンク



川村拓也の顔画像は?切断の動機は?Facebookやツイッターは?


出典:ANN

 

ニュースで公開されていた川村拓也容疑者の顔画像です。

この事件の概要ですが、
11月16日午後3時半ごろ、
同僚の女性が自宅近くの駐車場から車を出し、
でかけようとしましたが、

車のブレーキがきかず、駐車場の塀にぶつかってしまい、
車のブレーキホースが3本切断されていることが
わかりました。

防犯カメラの映像に車に川村拓也容疑者が
うつっており、逮捕されることとなりました。

Facebookについて調べてみました。
この画像をプロフィール欄に載せている
川村拓也容疑者本人のアカウントと思われるものがありました。

ここでの公開は避けますが、
気になる方は検索してみてください。

ツイッターのアカウントは見つけることができませんでした。

Facebookでは川村拓也容疑者の毎日の様子を
垣間見ることができましたが、

毎日きちんと生活をしているなという印象でした。
今年の年始には、今年の目標をかかげていたり。
きっといたって普通の男性だったんだと思いますが、

ですが、
職場の同僚に好意を持ち、
その女性にどうやって近づけばいいのか、
それが分からなかったようです。

逮捕された川村拓也容疑者は、
警察の調べに対して、容疑を認め、
「車に詳しい自分を頼ってもらえると思った」と
供述しています。

ん〜!
そうじゃなくて、
同じ職場という共通点があるのですから、
勤務中にでも、自分に頼ってもらえるように、
イイところを見せることができたのでは?

と、本当に残念です。

おそらくもうこの職場には戻れないと思いますし、
38歳で職を失うことになると思います。

一瞬の気の迷いで、
人生を台無しにしてしまいます。とても残念な事件です。

スポンサーリンク

まとめ

この事件ですが、
女性が駐車場から車を出す時でまだよかったです。
よくはないですが。
でも切り返すときにブレーキを踏んで塀にぶつかって止まれたんですから。

これが普通の車道に出てしまっていたら、
もっと大きな被害になっていたかと想像できます。

そこに歩行者など居たら、
この同僚女性だけでなく、巻き込まれる人もでてきていたことでしょう。

本当に残念で腹立たしい事件ですね。

ちなみにブレーキホースが切断されていても
サイドブレーキは有効だそうです。
覚えておきたいです。

スポンサーリンク