嫁が行方不明になったと警察に届け出を出していたが、

結果的に実家に、嫁の遺体を埋めていたことがわかり、
千葉県柏市の弥谷鷹仁(やたにたかひと)容疑者が
逮捕されました。

実家の母親の弥谷恵美も共犯。
恐ろしい事件です。

弥谷鷹仁の勤務先がきらぼし銀行。
きらぼし銀行って何?最近よく名前聞く気がしますね。
調べていきます。

スポンサーリンク



弥谷鷹仁が起こした事件の詳細は?

茨城県取手市で実家の敷地内に妻の遺体を埋めたとして、
警察は銀行員の男とその母親を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、
千葉県柏市に住む銀行員の弥谷鷹仁容疑者(36)
と母親の恵美容疑者(63)です。

弥谷容疑者親子は今年3月ごろ、
性別不明の遺体を茨城県取手市にある実家の敷地内に
埋めた疑いがもたれています。

弥谷容疑者の妻・麻衣子さん(30)は
今年3月から行方が分からなくなっていて、

遺体は麻衣子さんと見られています。
取り調べに対し、弥谷容疑者らは容疑を認めているということです。

弥谷容疑者は麻衣子さんが
行方不明になった2日後に警察に届け出ていました。

引用:TBS

この事件を聞いたときに思わず、

手を止めてニュースに見入ってしまいました。

今年の3月、コンビニに立ち寄った際に、

駐車場で口論になった弥谷鷹仁と、妻の麻衣子さん。

その日から、弥谷麻衣子さんは、

行方がわからなくなっていて、

実際に、弥谷鷹仁容疑者は警察署に、

「妻が口論になったあとに、

車から降りてそのまま行方がわからなくなった」

と、捜索願を出していました。

捜索願を出していたのは、その日から2日経った日。

後でわかったことですが、

弥谷鷹仁容疑者が麻衣子さんを殺害したのは、

このコンビニで口論になったとされている当日なので、

殺害して、実家に埋めて、

それから警察にしらじらしく捜索願を出していたようです。

その後、

コンビニの防犯カメラを見ても、

車から麻衣子さんが降りた様子は確認できなかったことなど、

弥谷鷹仁容疑者の言ってることと

いくつかの矛盾点があることから、

弥谷鷹仁容疑者が捜査線上に浮上し、

今回、本人の自供へとつながり、

自供通り、

「実家の庭から」麻衣子さんらしき遺体が発見された

という流れでした。

スポンサーリンク

弥谷鷹仁の顔画像は?

出典:TBS

こちらが逮捕された夫の弥谷鷹仁の顔画像です。

真面目そうな風貌ですが、専門家は、「プライドが高い」と

分析していましたね。

また銀行員って、家庭内の出来事に過敏な人が多いようで、

自宅での妻の麻衣子さんの言動には

神経をとがらせていたのかもしれません。

実際に、麻衣子さんを殺害した動機としては、

「うっぷんがたまっていた」

と供述しています。

またこの事件の一番の驚くべきは、

弥谷麻衣子さんの遺体遺棄の共犯として、

弥谷鷹仁の母親、弥谷恵美容疑者も逮捕されていることです。

出典:TBS

こちらが弥谷恵美の顔画像です。

年齢は63歳でIT関連企業の役員をしているようです。

きらぼし銀行って何?

弥谷鷹仁容疑者と麻衣子さんには子供がいた?


出典:きらぼし銀行HP

きらぼし銀行のHPでは、

トップページで、今回の弥谷鷹仁が起こした殺人事件について

お詫びのメッセージを出しています。

その数日前には、3億円ほどを横領して逃走中の行員がいると

またまた謝罪のメッセージが。

そして、システムの不具合の謝罪メッセージなど、

トップページのお知らせの欄は

謝罪メッセージのオンパレードです。

そもそもきらぼし銀行って?

2018年5月1日(火)に東京都民銀行・八千代銀行・新銀行東京の3行は合併し、「きらぼし銀行」として新たにスタートいたしました。
引用:きらぼし銀行HP

今年の5月に合併してスタートしたばかり、

3ヶ月も経たないうちに、

横領→逃走事件

妻殺害→死体遺棄事件

と、これは呪われてるとしか思えないスタートの切り方ですね。

スポンサーリンク

ネット上の声は?


当然ながら、厳しい声ばかりです。

弥谷鷹仁は、妻の麻衣子さんを殺害しながらも、

警察に捜索願を出したり、

Facebookで、以下のような、

行方不明の妻、麻衣子さんの居場所を問う内容を

拡散を希望して投稿していたところでした。

「探しています!」
「千葉県我孫子市内で別れて以来、行方が分からなくなっています」
「似た人を見かけたり、思い当たることがあれば」「ご連絡お願いいたします」

こういう内容も、母親の共犯の

恵美容疑者と仲良く計画してやったことだったのでしょうか。

さらなる事件の真相が明らかになるのを待ちたいと思います。

麻衣子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

いまこの記事がよく読まれています↓


スポンサーリンク