自民党沖縄県連会長の国場幸之助衆議院議員が、4月29日未明、沖縄県那覇市の繁華街の路上と観光客と喧嘩し、足の骨を折るなどの重症を負っていたことが判明しました。国場幸之助衆議院議員の経歴、嫁・家族構成、また國場組創業者の一族である彼にこの夜なにが起こったのか?調べてみたいと思います。

スポンサーリンク



国場幸之助 嫁や経歴は?


(引用:wikipedia)

生年月日 1973年1月10日(45歳)※2018年4月現在

 

那覇市立開南小学校
那覇市立上山中学校
沖縄尚学高等学校卒業

 

学生時代に政治家を志すようになったそうです。
何かそのきっかけとなる出来事があったのでしょうか。

高校卒業後、1年間の浪人生活を経て日本大学文理学部哲学科に入学。

でもその後、古代ギリシャ語で挫折し、中退を決意。

その後、早稲田大学社会科学部に入学。比較政治学を学んでいます。

一度大学を中退したものの、自分の夢に向かって勉強をしなおし、
早稲田大学に入学したのはすごいですね。
もともと努力家で頭もよかったのでしょう。

早稲田大学卒業後は、アメリア・コロンビア大学に語学留学もされています。

その後の経歴を調べてみました。

 

 

 

1998年
沖縄県知事稲嶺恵一の秘書となる。

これが政治家としての第一歩ですね。

 

 

2000年6月
第8回沖縄県議会議員選挙にてトップ当選を果たす。
この時27歳。沖縄県議会では史上初の20代議員だったそうです。

 

 

2003年11月(30歳)
沖縄県議を辞職し第43回衆議院総選挙で出馬→落選

 

 

2004年6月(31歳)
第9回沖縄県議選でトップ当選を果たす

 

 

2012年12月(39歳)
第46回衆議院議員で初当選を果たす!

 

2014年12月(41歳)
第47回衆院議員総選挙で2期目当選を果たす!

 

2017年10月(44歳)
第48回衆院議員総選挙で3期目当選を果たす!

 

 

2018年4月(45歳)
自民党副幹事長就任、そして沖縄県連会長に就任。
なんとも素晴らしい経歴をお持ちです。
お若くてパワー全開という印象もありますね。

 

 

 

沖縄・那覇の夜の繁華街で観光客と喧嘩して骨折!原因は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(引用:日テレNEWS24)

驚く事件が起こったのは、2018年4月29日午前2時頃、
場所は沖縄県那覇市の深夜の繁華街。

 

 

路上で、観光客の男性と口論のうえ、もみあいとなって転倒し、
右足首を骨折する大けがをしたとのことです。

その相手の方は一般の方のようで、顔見知りではないとのことです。

情報によると、国場幸之助議員は知り合いの女性と一緒にいたようで、
路上でその女性と口論になっていたようです。

その状況を見かねて、仲裁に入ろうとした、その観光客の男性と、
さらに口論となったというのがいきさつのようです。

 

 

….?

これ、突っ込みどころたくさんだと思うのですが。

 

まず、深夜2時、この一緒にいた女性は誰だったのか?
また、何が原因で他人に仲裁されるほどの口論になったのか?

 

また、
仲裁してくれた観光客とさらに喧嘩になるとは、

 

 

いくらお酒が入っていた場面とはいえ、ありえないと思うのですが、みなさんはどう思われますか?

 

 

国場幸之助議員は國場組創始者の一族

国場幸之助議員は、ゼネコン会社「國場組」創業主の國場光太郎氏の孫にあたります。

 

 

 

 

 

 

 

(引用:琉球新報)

故・国場幸太郎氏安藤組・鹿島組・大林組で働いたのち、1931年に弟の幸吉・幸裕とともに3人で国場組を設立して公共工事を中心に請け負っていた。

 

その国場組は後に那覇空港や読谷飛行場の建設など大きな案件を手がけて成長を遂げたゼネコン会社と成長を遂げました。

 

「沖縄財界の四天王」とも称されるほどの素晴らしい功績を培った一族の子孫なので、その才能や能力は、一般人とは一線を画しているのかなとなんとなく想像しました。

 

 

国場幸之助の嫁・子供は?

 

国場幸之助議員の公式サイトには、家族構成に、
妻 美穂と娘3人

 

と記載がありました。

公式サイトには、そのご家族と思われる画像がありました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(引用:国場幸之助議員公式サイト)

 

 

奥様の美穂さんもお嬢さんも美人ですね。

深夜の那覇の繁華街で一緒にいた女性がいったい誰なのかは気になるところですが・・・。

 

ちなみに、好きな言葉は、「誠心誠意」だそうです。。。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は国場幸之助議員が、夜の那覇市の繁華街で観光客と喧嘩をして怪我をしたという事件から、国場幸之助議員の経歴などを調べてみました。

 

この事件に対して、国場幸之助議員は、「双方酔っていたせいか、小競り合いになってしまったことを反省しています」とコメントされていますが、お互い被害届は出さない方向のようです。なんとも、歯切れの悪い一件ですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク