秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と、
小室圭さん(26)のご婚約が延期になり半年以上。

その渦中に小室圭さんは、
アメリカに留学。

眞子さまと小室圭さんの
ご婚約が延期になった原因は、
ある男性の告発が発端でした、

その男性は、
小室圭さんの母親、佳代さんの元婚約者。

 

この元婚約者の男性はいったい
どんな人物なのか、
調べていきたいと思います。

スポンサーリンク



小室圭 母親の元婚約者ってどんな人?

なんとも
厳しい意見ですが、たしかに。

なかなかアピール強めのワンピースですよね。

 

小室佳代さん、
お年は1966年生まれですので、
現在52歳でしょうか。

 

52歳の方が水色のワンピース、
それはいいのですが、

 

今、日本中が大注目している親子と
言われても過言ではなく、

注目というより、
厳しい声も多く上がっている親子ですので、

それを知ってか知らぬか、
この出で立ちに、
世間はちょっと眉をひそめたくなるんですよね。

 

小室圭さんの留学費用のことや
小室圭さんに使用されるSP、
送迎に使われる諸費用など、
それは国費ではないのか?という話は
ここ半年常に話題に上がっていますからね。

そんな小室佳代さんですが、
元婚約者の方に400万円の借金をしていたことを
告発され、

今回の
眞子さまと小室圭さんのご婚約が
延期になったのでは?と言われていますが、

その婚約者というのはどういう人なのでしょう。

 

報道されている情報を元に
まとめてみました。

 

 

小室佳代さんの元婚約者

名前・・・不明
年齢・・・68歳
職業・・・外資系企業で、万年筆などを修理する仕事
婚姻歴がありバツ1。

と、これくらいの情報しかありませんでした。

 

 

スポンサーリンク

小室圭の母親と婚約者の馴れ初めは?

かつて小室圭さんの母親の小室佳代さんと、
その元婚約者は、小室家と同じマンションに住んでいました。

偶然です

 

マンションの管理組合で、
まずは小室さんの父親と親しくなり、
二人で飲みにいくようになる仲でもあったようです。

 

国立音大付属小学校に通っていた小室圭さんが10歳だった時に、
その父親が亡くなり、
小室佳代さんはシングルマザーとして、
中学・高校ともに小室さんを
「カナディアン・インターナショナルスクール」に通わせていました。

 

インターナショナルスクールなので、
年間200万ほどの学費が必要だと言われています。

 

シングルマザーでここまでの
学歴を息子につけさせるのは、
なかなかのもんです。

 

小室圭さんが、高校生のときに、
この元婚約者は小室さん親子と親しくなり、

 

「圭さんの父親代わりになれれば」という気持ちから、佳代さんと婚約。

 

 

元婚約者は自分の両親にも婚約者として
佳代さんを紹介していたほどでした。
この間に、
小室さんの学費など400万円以上を
佳代さんに渡していました。

 

元婚約者は、400万円をプレゼントした
つもりはなく、
貸したという認識で。

 

でもだからと言って、婚約者の女性に、
・契約書
・借用書

 

の類のものを書かせるというのは
できなかったようです。

確かにそうですよね。

 

その後、二人は婚約破断。

 

そのあと、
その400万円を返してほしいと婚約者は伝えたところ、
小室佳代さんは拒否。

 

小室佳代さんははっきりと
「もらったものだと思っている」と答えたと言われています。

 

自分自身が財政難になった
元婚約者は、ついに自宅の売却にも追い込まれたようです。

 

この男性の気持ち、
とてもわかります。

 

婚約者が困っていたのであれば、
助けてあげたいと思う気持ちで、
少々無理してでも、
400万円という多額な金額でも、
してあげたかったんだと思います。

 

いずれは結婚するのであれば、
もちろん、小室圭さんは
自分の息子となるわけですしね。

でも事態は変わり、
婚約は破棄。

 

そりゃ、小室親子に、
400万円もプレゼントする理由はどこにも
ありませんからね。

 

自宅を売却するほどだったので、
有り余った資産の中の400万円だったわけではなく、
むしろその逆だったのだと思われます。

 

スポンサーリンク

小室圭の母親、小室佳代対するネット上の声は?

今後もこの親子の動きが気になりますが、
眞子さまが傷つかれることなく、
お幸せになられることを祈っております!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク