秋篠宮家の眞子様と婚約中の小室圭氏。

結婚への準備期間不足ということで2020年まで結婚を延期していたのに、ここにきて2021年まで留学することが発表されました。
この報道で、小室圭氏の留学費用はどこから出るのか?もしかして税金?
そして結婚はどうなるのか?といろんな声が。。。
調べていきます。

スポンサーリンク



小室圭の留学費用はどこから?

結婚が延期されている秋篠宮家の
長女眞子さま(26)の相手の小室圭さん(26)が、
米国で弁護士資格を取得するため、
8月ごろから3年間の予定で渡米することが28日、
関係者への取材でわかった。


引用:朝日新聞

みなさんもご存知の通り、
眞子様と小室圭さんは昨年、2017年9月に婚約が内定。


お二人で記者会見を行って、
なんとも爽やかでイケメンなという印象だった小室圭さん。
ですが、いろいろ、あれやこれやとゴタゴタがあり(後述します)

「充分な準備を行う時間的余裕がない」として今年2月、
結婚とそれに関わる諸行事を「再来年(2020年)に延期」と決定させました。

2年延期のところに、今回の3年留学のニュースに、
おそらくみなさんの感情は、

 

「え?結婚は?」
と、
「え?留学費用どうするの?出せるの?」

 

と、少し手厳しい言葉がツイッターに並んでいます。
これが世間の声かと思われます。

 

小室圭さんは現在、
奥野総合法律事務所のパラリーガル。

 

 

パラリーガルとは、弁護士の補佐の業務。
小室圭さんの場合は、英語が得意なのを生かして、
書類の英訳などもしているそうです。

 

このパラリーガルの年収というのが、
意外に低く、250万程度だと言われています。

 

とすると、どう考えても自費での留学は厳しいと思われるので、
国民の税金が使われるのではないかと考えるのは、
普通の思考回路というところでしょうか。

小室圭の留学の理由、目的は?

前述のニュースサイトの引用にもありましたが、



今回の小室圭さんの留学の理由、目的は、
米国で国際弁護士の資格を取得すること。



アメリカのロースクールにて学び資格取得に励むのですね。
ん、日本での弁護士資格取得が先なのかなと思っていたのですが、
違うのですね。



ですが、
小室圭さんはもともと、
「国際弁護士」になることを理由に、


国際基督教大学(ICU)を卒業後、
就職した三菱東京UFJ銀行を退職しています。
(もったいない…)

小室佳代さんが、元婚約者に対して400万の借金をしたと
言われていますが、
そこには、ICUの学費など小室圭さんに必要なお金が多く含まれていたようです。


もし返済するつもりがあったら、
自分の夢はひとまず置いといて、
UFJ勤務をしながらその返済をするという方法もあったのではと感じます。


余計なお世話ですが、大手メガバンクに勤めて、
実家暮らしで、独身だったら、
400万円は数年で返済できるのではないかと思うのですが。


そこをクリーンにできていたら今回の結婚延期騒動にはならなかったですよね。
眞子さまが悲しんでる姿を想像したくありません。

スポンサーリンク

小室圭の母親の借金問題とは?

ここで、今一度小室圭さんの母親、小室佳代さんの借金問題についてです。

小室圭さんの父親は亡くなっていて、
その父親の友人だった男性と、のちのち婚約関係になった小室佳代さん。

婚約時代には、
「今月ヘルプお願いします」と、
ことあるごとに10万、30万単位でのお金の援助要求があったようです。

それは生活費はもちろん、ほとんどが、
小室圭さんにかかる費用だったのではないかと言われています。

ですが、婚約解消となっても、
「400万は贈与だったと認識している」と小室親子が主張し、
婚約相手の男性は、
「誠意を見せて欲しかった」と残念そうに語っているといいます。

未だに、返済はされておらず、
その目処もたっておらず、
結果的にそのあとは、眞子さまと小室圭さんとの婚約延期という形になってしまいました。

2年結婚延期に対して、
3年の留学。

これは何を意味するのでしょう。

確かにその通りかと思います。

スポンサーリンク

小室圭留学で結婚はどうなる?

婚約内定の、眞子さまと小室圭さんの会見。
この時は眞子さまがとてもお幸せそうで、
小室圭さんも爽やか(に見えて)で。


お似合いのカップルだなとは思いましが、
この時から、
法律事務所でパラリーガルをしていて、
一橋大学大学院に通っているというところ、


生活の基盤はどうなっているのかな?との疑問はありました。



小室圭さんの好きな言葉は、
「Let it be」
つまり、「なるようになる」「心配するな」の意。

 

今現在もそんな感じで流されるように、アメリカへ渡るのか?

6月10日には、
小室圭と佳代親子が極秘で秋篠宮邸を訪ねています。
この時に小室圭さんの渡米の話が出たのかもしれません。


これはもしかしたら、秋篠宮家からの手切れ金なのか?
この3年で二人の心が離れることを願っているのか?
とも考えてしまいます。



眞子様は現在も結婚のご意志はお変わりがないということ。
だとすれば、そのお心はずっと傷ついたままなのではないかと
思われます。

 

 

しかし、やはりそもそも、
婚約を内定するタイミングが早すぎたのではないかと。
そこをもう少し考えれていたら、
眞子様がこんなに傷つくパターンは免れたのでは?と思ってしまいます。

みなさんはどう思われますか?

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク