【18年後の今なぜ?】おじゃる丸初代〜第三シリーズ終了まで
おじゃる丸の声を担当していた小西寛子さんが、NHKに降板させられた理由として18年越しにツイッターで紛糾。
ツイッターの内容は?なぜ降板したのか、その理由は?またなぜ今になって?
NHKの闇、セクハラについて調べていきます。

スポンサーリンク



小西寛子おじゃるなぜ降板,理由は?

おじゃる丸初代から、主人公「おじゃる丸」の声を担当していた小西寛子さんは、
第三シリーズ終了(1998年〜2000年12月)で突然降板することとなり、
その時はファンからも、その理由はなぜと問う声が多かったようです。


現在もまだなお、「おじゃる丸」の声について違和感を感じているファンもいるようです。


のちに詳しく説明しますが、
降板の理由は、

    • 収録と言われて音声をとったが、それはおじゃる丸人形の声として流用して販売された
    • それに対して反論すると「生意気だ!黙って言う通りにしないとアニメ業界で仕事できなくしてやる!」と松本寿子プロデューサーに脅された
    • そしてそのあと、突然降板させられた
    • その後、「小町ちゃん」と「おじゃる丸」を西村ちなみさんが兼任している

と、まとめるとこのようになります。
以下で、実際に小西寛子さんがあげたツイッターとともに
詳しくみていきます。

小西寛子さんのツイッター内容は?

突如現れた小西寛子さんのツイート。


このツイートは、こちらの一般の方に対しての
「返信」という形で書かれたものです。




そしてそれに対して、
衆議院議員の和田政宗氏もこう発言。


ネット上では一気に拡散されました。
「おじゃる丸」のファンからも、急に降板したことでは
当時から疑問に上がっていたので、
さらにその力で拡散が加速されています。



その、音声を流用されたのは、
「おしゃべりおじゃる丸」の音声です。
以下のものですね。


これに対してももちろん、ギャラが発生する案件ですし、
何より、無断で使用されたということで、
小西寛子さんとその事務所が講義するのは、
当然のことだと思われます。

スポンサーリンク

小西寛子さんの経歴、wikiプロフィールは?

小西寛子さんのプロフィールは以下の通りです。


綺麗な方ですね。

出生地 埼玉県川越市
生年月日 1975年10月26日(42歳)※2018年6月現在
血液型 A型
身長 161cm
職業 声優、女優、歌手、タレント、シンガーソングライター
事務所 Office Squirrel
引用:wikipedia

こにし ひろこ
小西 寛子
プロフィール
愛称 かんこ
性別 女性
出生地 日本の旗 日本・埼玉県川越市
生年月日 1975年10月26日(42歳)
血液型 A型
身長 161cm
職業 声優、女優、歌手、タレント、シンガーソングライター
事務所 Office Squirrel
公式サイト HIROKO KONISHI “Bearclaw Spruce Top”
声優活動
活動期間 1994年 –
ジャンル アニメ、ゲーム、ラジオ
デビュー作 村娘(パルケエスパーニャ・セレブレーション『ドンキホーテのフェリアマヒカ』)[1]
音楽活動
活動名義 LITTLE CURE(2000年)
活動期間 1995年 – 2000年(キャラクターソング)
1995年 – (個人名義)
ジャンル J-POP、アニメソング、キャラクターソング
職種 歌手、シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
ドラム
ウインドシンセサイザー等
レーベル Office Squirrel(2011年 – 現在)
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ
小西 寛子(こにし ひろこ、1975年10月26日 – )は、日本の声優、女優、歌手、タレント、シンガーソングライター。埼玉県川越市出身[注釈 1]。相模女子大学短期大学部生活造形学科卒業、その後中央大学法学部に編入・卒業。

小西寛子さんは、幼少期より母親との舞台鑑賞を趣味にし、
演劇への関心を抱くようになる。
が、その後に『風の谷のナウシカ』を機に声優という職業を知り、
声優を志すようになり、
高校生の時に勝田声優学院と日本ナレーション演技研究所で演技を学び、
在学中に声優デビューを果たすこととなりました。


在学中の出演作品は、H2、天地無用!、ふしぎ遊戯。


高校生からすぐに役をもらえて、
その才能は素晴らしいものだったんでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は小西寛子さんという声優さんが、
2000年に突然、おじゃる丸から降板させられたこと。
そこにはNHKの闇があると、
今回声をあげています。
なぜ18年経った今、その理由は、奥が深そうです。
徐々にこのブログでも取り上げていきます。



最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク