日本大学4年生の小斎直也容疑者(22)は2017年10月、
自身が通う、東京都世田谷区の日本大学文理学部に、
「爆破予告」などと書いたうその犯行予告を作って、
学校側に休校措置をとらせていました。

 

その動機は、「発表がいやだったから」というなんとも。。。
な事件です。

 

小斎直也の顔画像やFacebook、ツイッターなどの
SNSアカウントについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク



小斎直也の顔画像は?Facebookやツイッターは?

 


出典:JNN
 

 

 

 

 

 

 

 

小斎直也の顔画像はこちらです。

 

この逮捕された時の報道を映像で観ましたが、
小斎直也容疑者、泣いているように見えました。

 

自分のしたことに対して、
自責の念でいっぱいなのかなと感じました。

 

さて、この事件の概要ですが、
以下の通りです。

小斎直也容疑者(22)は去年10月、東京・世田谷区の日本大学文理学部で爆破予告が書かれた紙を発見したように装い、警戒強化や休校措置を取らせるなど大学の業務を妨害した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、小斎容疑者は文理学部の4年生で、爆破予告の紙は自分で作ったとみられます。小斎容疑者は「5限目の授業で発表があり、それが苦痛で授業を受けたくなかった」などと容疑を認めています。引用:テレ朝ニュース

小斎直也容疑者が自作した
「爆破予告」はこちら。

 

小斎容疑者は当時、
警備員に、この爆破予告の紙が、
「トイレにあった」と届け出ていたが、

 

紙から検出された指紋が、小斎容疑者の指紋と一致したという。
あっけなく自作自演がバレてしまいました。

 

ちなみに小斎直也容疑者のFacebookやツイッターのアカウントを
探してみましたが、特定できませんでした。

 

小斎直也容疑者、自作自演の動機は「発表が苦痛」

 

驚くべき小斎直也容疑者の、
自作自演爆破予告の動機は、

 

「発表が苦痛」という理由でした。
授業で発表しなければいけないのが苦痛で
そこで考え抜いた結末が

 

自作自演爆破予告だったのでしょう。

 

その自作した「爆破予告」の紙からは、
自分の指紋が多数出てしまうという

 

もう全てが行き当たりばったりの手段だったことが
簡単に想像できますね。

「発表が苦痛」で悩みに悩んで、
考え切羽詰まってやってしまったのでしょう。

 

小斎直也容疑者は、
日本大学文理学部の4年生、
もちろん、その発表は卒業に必要なものだったのでしょう。

 

準備することができていなかったのか?
もしくは性格上、人前で発表するのが苦手だったのか、

なんとも切ない事件です。

 

 

小斎直也は卒業できる?就職内定は?内定取り消しのよくある理由とは?

 

小斎直也容疑者は、
日本大学4年生、何もなければこの春に卒業となっていたことでしょう。

 

今回の事件で、おそらく、小斎直也容疑者は退学になるのでは?
という声が多くあがっていますが、
どうなのでしょう。

 

また、4年生ということで就職先は内定していたのでしょうか。
その情報は公開されていませんが、

就職内定取り消しとなるよくある理由について調べてみました。

 

 

就職内定取り消しのよくある理由とは?

・学校を卒業できなかった場合
・犯罪歴がある、素行が悪い
・経歴で嘘をついた場合
・(女子の場合)内定後の妊娠
・会社の業績が著しく低下した時

 

などだそうです。

 

 

今回の小斎直也容疑者の場合、
内定は、、、取り消しとなりそうですね。

 

そんな思いもあり、
自責の念にかられた、あの逮捕時の表情だったのではないかと
思います。

 

 

ネット上の声は?

などの声が上がっています。

 

こんなことで自分の人生に傷つけるくらいなら、
我慢して発表してしまったほうが良かったかと
思われてなりません。
残念な事件です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は2017年10月に起きた、
日本大学、「爆破予告」事件において、

 

自作自演であると判明し、威力業務妨害の疑いで
小斎直也容疑者が逮捕された事件を
ご紹介しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

今いちばん読まれている記事は
こちらです

スポンサーリンク