2016年、神奈川県横浜市の大口病院で起きた事件。

患者2人が不審な死亡で、解剖後体内から殺菌作用が強い消毒液が検出。
この不審な中毒死の犯人が2年越しでようやく逮捕されました。

逮捕されたのは、大口病院の元看護師、久保木愛弓、くぼきあゆみ、31歳。
若いですよね。鈴木恵美子の顔画像、動機など調べていきます。

なお病院名は現在「横浜はじめ病院」と改名されています。

スポンサーリンク



顔画像は?

2016年9月、
神奈川県の大口病院での事件。
迷宮入りかと思っていましたが、
捜査は続いていたのですね。神奈川県警、汚名返上か?



この事件の詳細は後述しますが、
逮捕されたのは、

  • 名前・・・久保木愛弓
  • 住所・・・横浜市鶴見区
  • 年齢・・・現在31歳

逮捕されたのは、やはり当時大口病院で看護師として働いていた女性でした。
久保木愛弓は、「注射器に(殺菌作用が強い消毒液)「ヂアミトール」を混入させた」概ね容疑を認めています。
そして驚くことに20人もの患者を殺害したことを認めています。
20人。。。。



気になるこの久保木愛弓の顔画像ですが、

引用:TBS

20人もの患者さんを殺害した久保木愛弓。
当時は20代だったということですよね。おそろしい。

大口病院の事件詳細

2016年9月に起きた恐怖の事件。
医療機関で起きた不可解な殺人事件。
迷宮入りしそうでしたが、一転して久保木愛弓を容疑者として逮捕となりましした。

 

この事件の詳細についてニュースサイトより引用します。

 

終末期医療が専門の4階ナースステーションに保管されていた点滴袋に何者かが注射器を使って、界面活性剤を混入。9月18日、20日と80代の入院患者2人が立て続けに中毒死した。
9月27日、高橋洋一院長は報道陣を前に、沈痛な表情で声をしぼり出した。
「犯人が腹立たしい。皆目見当がつかないが、内部の可能性も否定できない」引用:アサゲイプラス

亡くなったのは、
9月18日に西川惣蔵さん
9月20日に八巻信雄さん

 

なぜ、この事件が発覚したかというと、
八巻信雄さんの点滴が泡立っていたこと。
これを不審に思った看護師さんがいたようです。

 

でも、おそらくこの異変に気づいた看護師さんは、
このことだけではなく、普段から自分の職場=大口病院の異様さに頭を悩ませていたのかもしれません。

 

というのも、この病院、
この現場は4階の入院病棟。

7月〜9月のこの事件まで50人もの患者さんが亡くなっていたそうです。
ベッドは40床。
めまぐるしく異様な状況だったようです。

 

そもそも、大口病院は、終末医療とリハビリ中心の病院。
比較的重症の状態で入院することとなるので、
そこまで病院内では問題視、特別視しているわけではなかったようですが、
やはり異様な数なのでしょう。

 

大口病院の近所に住む人は、

  • 大口病院に入院すると聞くと、もう長くないと思う
  • 大口病院の前は「霊柩車通り」と呼ばれている

 

と言う声もあったそうです。

久保木愛弓は何度もインタビューに答えていた

以下は、昨年、事件から約1年経ったときに、
産経新聞のインタビューに久保木愛弓が答えていた内容です。


Q:犯人が捕まらない現在の心境は?

「発覚してからショックを受け続けている。一部のマスコミから私が犯人じゃないかという情報が流れた。その理由が、私が『変わり者』ということらしく、他人の飲み物を飲んじゃったり、なんだかんだと言われたりしている。そんなことはやっていないのに、誰がそんなことを言ったんだろうと思っている。患者さんが病院で殺されてしまうということ自体がショックで悲しかった。それに加えて、私が犯人じゃないかと疑われて…。みんなが自分をそういう目で見ていたのかなと思うとすごくショックだ」引用:産経新聞

自分に疑いの目があることも十分承知で、そしてこんな風に堂々と饒舌にインタビューをうけるとは、これからしても反省はしていないように思えますよね。

Q:犯人に対して思うことは?

「早く捕まってほしい。事件当初は自首してくれないかなと願っていた。ただ、ここまで自首しないということは、おそらく、今後もすることはないだろうから…」引用:産経新聞



Q:現在はどんな仕事を?

「仕事はまだしていない。一度、看護師として再就職したが、結局いろいろあって続かなかった。一度看護師から離れようと思って、別の職種で仕事を探している。ただ、なかなか見つからない」引用:産経新聞

もう看護師を続けていなくてよかった。。。。
それだけが救いでした。被害者が増えていたらもう後悔しきれませんよね。



Q:病院に対して思うことは?

「管理体制、責任体制のずさんさを感じる。一番初めの事件で、警察を呼んでいたらだいぶ違っていたと思う」引用:産経新聞

事件を起こして1年、心の中に反省の念は芽生えなかったのでしょうか。

スポンサーリンク

久保木愛弓の動機は?

久保木愛弓の動機は現在のところまだ明らかになっていません。


福岡徳洲会病院の医師、長嶺隆二医師は

「我々が激務に耐えられるのは、患者さんの笑顔があるから。しかし、終末期医療では患者さんがよくなる見込みがありません。希望が見いだせないのです。そのため、たくさんの医療従事者が心を病み、ストレスを抱えている。医療界全体で取り組んでいかなければ、同様の事件はまたどこかで起こりうるでしょう」

と、語られています。

この大口病院では、
看護師どうしのいじめもひどかったと言われています。

  • 筆箱に10本以上の注射器が針山のように刺されていた
  • 白衣が切り裂かれていた
  • 患者のカルテがなくなり、別フロアの看護部長のデスクから出てくる
  • ペットボトル飲料に漂白剤が混入されていた

などのいじめが続出していたようです。

前出の長嶺隆二医師の発言が指摘する終末医療に携わる医療従事者としてのメンタル面崩壊もあったのかもしれません。
そして、極端に看護師不足だったようなので、職場での看護師が抱えるストレスはマックスだったのかもしれません。



そのストレスが患者さんに向くのはまったくもって論外。
ですが、この終末医療に携わる医療従事者のメンタルをもっとケアしてあげる必要があったと課題が残る事件だと思われます。
また、命にかかわる仕事に就く身分。
人間性、適性をはかる検査を専門家らによって作成、実施するなどの必要もあるのではないでしょうか。



この事件のくわしい真相、久保木愛弓の動機はまだ発表されていません。
今後の情報を追っていきたいと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました! 

この記事もよく読まれています↓
お時間があればぜひ!

スポンサーリンク