M1グランプリ、最後はダウンタウンの松本人志さんも涙ぐんで若手の健闘をたたえた素晴らしい回でした。ですが、そのあとに起こった騒動。

これにはもうファンも大きなショックを受けていることでしょう。

とろサーモンの久保田よしかずが、審査員の上沼恵美子さんに向かってSNSを通して浴びせた動画。
この内容はすごくひどく、見ていて気分が悪いものでした。

本当に酷いのは、スーパーマラドーナの武智だとも言われています。その理由は?
そして、二人の謝罪に上沼恵美子さんの反応は?

詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク



とろサーモン久保田、上沼恵美子批判動画!同席者は誰?

そもそもその動画はどこから流出したのかというと、

スーパーマラドーナの武智のインスタグラムから配信されたインスタライブでした。

撮影者がスーパーマラドーナの武智だったのです。

そして二人以外の同席者が以下のとおり。

・ギャロップ林
・和牛 水田
・かまいたち 濱家
・トムブラウンふたり

この同席者たちは無言でしたが、誰かが止めなかったのか?と、大変残念な動画でしたよね。

かまいたちの濱家さんは顔を机に突っ伏していましたので、どうしても注意できない雰囲気があったのかもしれません。

ですが、この騒動はやはり大きいようで、
12月17日のNGKの本公演、とろサーモンとかまいたちの出演が突如中止となっています。

10日も先のスケジュールが中止となるのは、やはりこの暴言騒動のせいかもしれません。

スポンサーリンク

上沼恵美子の暴言、久保田より武智のほうがひどい?


12月7日放送の、「怪傑えみちゃんねる」の放送の中で、
同番組が、「関西人1万人が選ぶ関テレ人気番組」のベスト1に選ばれたと発表されていました。

というくらい、関西人からの支持は厚い上沼恵美子さん。

M1の翌日のレギュラーラジオでは、新幹線で戻ってきたばかりの上沼恵美子さんはM1の素晴らしさ、凄さを興奮気味に語っていました。そして、そんな大きな舞台に自分はふさわしくないのではと思い、今年限りで審査員を引退すると言っていました。

それくらいの緊迫し、神経を使う仕事だったのでしょう。
そんな大仕事をこなして、この騒動とは、お気の毒です。

暴言の内容ですが、

久保田:「酔ってるからってのを理由にして言いますけど、
そろそろやめてください。
自分目線の感情だけで審査しないでください」
「お前だよ、分かるやろ。1番右側のな、クソが」
「クソみたいなやつが審査してさ……」

武智:「右のオバハンには、みんなうんざりですよ」
「自分が売れるために審査員するんやったら、
やめてほしいですよね」
「更年期(障害)かと思いますよね」

お酒が入っていると、こうも言ってもいいことと悪いことの分別がつかないものなのでしょうか。
そして、この暴言内容、

どう考えてもスーパーマラドーナの武智の発言のほうがひどく、女性にとっては聞き流すことのできない内容かと。

知名度がとろサーモンの久保田の方が上だからか、批判されているのも久保田のほう。
これにはなんだか納得いかないという声も多く上がっています。

とろサーモン久保田とスーパーマラドーナ武智が上沼恵美子に謝罪?その反応は?

 

暴言騒動が勃発して以降、上沼が初めて公式の場に姿を現したとあって、その発言に注目が集まった。

 デイリースポーツの取材では、上沼は9日に放送される番組の収録冒頭で、「いろいろ言われてますけど」と騒動に言及。

あくまで自身はM-1の審査員として真剣に取り組んできたとの趣旨で、思いを語った。

その上で、久保田と武智の暴言が大炎上に発展し、上沼の反応に興味が集まっていることを「大したことじゃないです」と一蹴。

「興味ない」と言い放ち、笑いを誘った。

引用:デイリースポーツ

この反応。最強ですよね。

少しものたりなく思うかもしれませんが、この上沼恵美子さんの反応はやはり大御所だなと思います。そして、直接の謝罪すらも、完全に拒否しているようにも思いますし。

そんな報道を見ながら、またどこかでお酒を飲みながら暴言を吐いているんでしょうかね。

「自分が売れるために審査員するんやったら、
やめてほしいですよね」

この言葉は本当にひどい。
上沼恵美子さんは、もうこれ以上売れたいだなんて思ってないと思います。

お笑い界を盛り上げてきた先輩にむけていう言葉とは到底思えません。

とろサーモンに関しては、
2017年のM1グランプリの優勝決戦の審査の時に、

上沼恵美子さんは、自分たちとろサーモンにではなくて、和牛に投票していたことへの恨みもあるのでしょうか。
審査して、文句言われるならやってられないですよね。

スポンサーリンク

ネット上の声は?

上沼恵美子さんがどう受け取るのか、そこに注目ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク