1月24日、小学4年生の栗原心愛さんが自宅で亡くなり、父親である栗原勇一郎容疑者が逮捕されました。

小学4年生のかわいい女の子がなぜ、自分の父親にいじめられ虐待をされ、最後には…。

誰か助けることができなかったのか?そしてここにきて母親も傷害で逮捕。
一番の味方であるはずの母親はどうして?悔やまれてなりません。

スポンサーリンク



栗原心愛 母親も傷害で逮捕

 千葉県野田市の小学4年栗原心愛(みあ)さん(10)が1月に死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警は4日、母親の栗原なぎさ容疑者(31)を同容疑で逮捕した。読売新聞

栗原心愛さんの母親の名前は、栗原なぎさ。
年齢は31歳。

栗原心愛さんへの虐待、傷害の容疑で、逮捕されています。
まさかの展開に衝撃です。

母親がかばうべきであり、母親がしかるべきところに相談なり逃げることができていたら、栗原心愛さんの命は救われたはずです。それを思うと胸が張り裂けそうになります。

スポンサーリンク

栗原心愛 母親は再婚?

栗原心愛さんの母親、栗原なぎさ容疑者は先に逮捕された栗原勇一郎容疑者と再婚なのでは?という声が多くあがっていました。

栗原なぎさ容疑者と栗原勇一郎容疑者の年齢差が10歳ほどあること、心愛さんと妹(次女1歳)の年齢差もあいていることから、心愛さんはなぎさ容疑者の連れ子ではないかと言われていました。

ですが、そうではなく栗原勇一郎容疑者は心愛さんの実父だそうです。

ですが、昔からなぎさ容疑者や心愛さんへのDVがあったことはテレビの報道でも明らかになっています。

二人とも血の繋がっている心愛さんをなぜ。

スポンサーリンク

栗原心愛の母親の精神状況

なぜ母親は心愛さんを守りきれなかったのか。
虐待や暴力を相談できるところも、一時的に保護してもらえるシェルターや母子寮も存在しています。

なぜこんなことになる前に何か行動に移せなかったのかと考えてみたのですが、それはやはり普段からの栗原勇一郎容疑者の支配的な態度やDV、精神的に追い詰められ反論できない状況だったことも考えられます。

次女は1歳。産後まもない状況で辛い精神状況であったとは思います。1歳の子供のお世話もあり大変だったと思います。でもやはり栗原心愛さんにとって一番適切な環境に身を置いてあげることはできなかったのかと悔やまれてないません。

心愛さんが学校で実施されたアンケートに『先生どうにかなりませんか』と書いたSOSを、父親本人に渡してしまった教育委員会の人物も、栗原勇一郎容疑者に恫喝され威圧的に畳み掛けるように追い詰められ精神的に参ってしまっていたという情報もあります。

人の言動ってここまで追い詰めるんです。栗原勇一郎が犯した罪は大きいです。

まとめ

千葉県で小学4年生の栗原心愛さんが亡くなった事件。教育委員会の対応などから考えても、これは防げた事件だったのではないかと思うと悔やみきれません。

心愛さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク