アトランタ五輪とバルセロナ五輪に出場していた
マラソン選手、真木和さんが、

49歳という若さでお亡くなりになりました。

死因は乳がん、
いつから闘病していたのでしょうか?

調べてみます。

スポンサーリンク



真木和 死去死因は?

ニュースサイトより引用します。
バルセロナ五輪女子1万メートルと
アトランタ五輪女子マラソンで2大会連続出場した
真木和(まき・いずみ=現姓山岡)さんが
死去したことが23日、関係者への取材で分かった。
49歳、今治市(旧波方町)出身。
関係者によると、葬儀・告別式は近親者らで済ませた。

今治北高校で陸上を始め、
1987年に実業団ワコールに入社後、
長距離選手として頭角を現した。

92年に1万メートルの日本記録を更新、
同年のバルセロナ五輪女子1万メートルで12位。

96年にマラソンに転向し、
初レースとなった同年3月の名古屋国際女子マラソンを制覇。

7月のアトランタ五輪女子マラソンはけがの影響で
出遅れたが12位と健闘した。

93年に2万メートルで
1時間6分48秒8の世界記録(当時)を打ち立てた。98年現役引退。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-24006501-ehime-l38

49歳という若さで亡くなったその死因は、
乳がんでした。

ここ数年は辛い闘病生活をしていたようです。

スポンサーリンク

真木和 いつから闘病?

真木和さんはここ数年闘病生活をしていたと
言われていますが、

乳がんが見つかったのは2004年のこと。
もう14年も前のこと。

ここ1〜2年は、体調を崩していて、
肝臓への転移が認められていました。

スポンサーリンク

真木和 子供は?

2003年に真木和さんは
関西テレビ局員の山岡重行さんと結婚し
その後長男を出産されています。

もしかしたらその妊娠時に、
乳がんが発見されたのかもしれませんね。

となると、
息子さんは現在、現在中学2〜3年くらいでしょうか。

すでに、
ご家族でご葬儀は執り行われています。

まだ小さい息子さんを置いて
この世を去らなければいけなかった気持ちを
考えるだけで胸が詰まります。

ネット上の声は?

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク