テレビ朝日の人気番組「欽ちゃんのどこまでやるの!(欽どこ)」の母親役などで知られた女優の真屋順子さんが2017年12月28日に亡くなっていたことが分かりました。

 

わたくしはその番組の中の真屋順子さんを見て、幼少期ながら、その美しさと穏やかさになんだか安心感をもらっていました。晩年は寝たきり生活だったようですね。真屋順子さんについて調べてみました。

 

スポンサーリンク



真屋順子さんのプロフィール

 

 

1942年1月8日
釜山で生まれ、終戦で3歳のとき引揚げ大分県日田市で育ちます。大分県立日田高等学校中退後、松竹歌劇団(SKD)に入団。俳優を志し、俳優座養成所卒業(俳優座13期生)後、劇団雲に研究生として入る。

 

1975年、演劇集団 円に参加。1980年には夫の高津住男さんと劇団樹間舎を旗揚げしていました。

 

 

1976年から放送されて高視聴率を記録した『欽ちゃんのどこまでやるの!?』にお母さん役でレギュラー出演し、大変人気がでました。

 

晩年は脳出血や大動脈瘤など、つぎつぎへと病魔に襲われ、闘病生活が主となった日々でした。

 

 

ご主人である高津住男さんが亡くなったショックから精神的にも弱っていったという報道もあります。おしどり夫婦だったんでしょうね。

 

 

昨年放送された爆報フライデーでは、寝たきり生活を送っていると報道されていました。息子さんは死因などの詳細は公表を避けていますが、75歳というのはまだお若いので大変残念な思いだと思います。

 

 

ネット上の声は?

 

真屋順子さんの訃報についてツイッターでもいろんなツイートが。

とても綺麗なお方でしたね。品と温かみがあって大好きな女優さんでした。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

昨年放送された爆報フライデーでは、倉沢淳美さんとの再会場面が大変印象的でした。

 

その他、欽ちゃんファミリーのみなさんも真屋順子さんの訃報には、ご自分の母親を亡くしたかのように落ち込んでらっしゃると思います。

 

真屋順子さんのご冥福をこころよりお祈り申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
また書きますね!

スポンサーリンク