8月11日に、
兵庫県加古川市の権現ダムで
小西優香さんの遺体が衣装ケースに
入っていたのが発見され、

その犯人として、逮捕されたのが、
森翔馬、稲岡和彦容疑者の二人。

今のところ、殺害したのは、
森翔馬で、

 

権現ダムに小西優香さんを遺棄するのに
手助けをしたのが、
加古川出身で土地勘もある
稲岡和彦かと思われます。

 

主犯は森翔馬?
その生い立ち、顔画像、どんな人物なのかを
考察していきます。

スポンサーリンク



森翔馬の生い立ちは?


出典:関テレ

 

こちらが小西優香さん殺害事件で
逮捕された二人。

 

逮捕に至ったのは
やはり防犯カメラの力でしょうか。
その名の通り、「防犯」に役に立つことも
あるでしょうが、

今回のように、
こんな残虐な事件の犯人を逮捕することに
役に立つ場合も、悲しいかな大いにありますね。

 

 

画像の左の男が
森翔馬(もりしょうま)。

年齢:20歳
職業:不詳
住所:大阪市西区

 

 

森翔馬という男は、
どんな生い立ちなのか。

なぜこんなふうに
自分の人生も、もちろん相手、小西優香さんの
人生も終わらせてしまうのか。

 

弱冠20歳です。
人生半分も生きてない!

 

 

まだ捜査中ということで、
詳しい情報は入っていません。
森翔馬はどんな風に20年間を送ってきたのか。
それが知りたいです。

 

 

ちなみに報道ニュースによると
森翔馬の自宅住所は、
大阪府大阪市西区立売堀6丁目7−50でした。


家賃6万円ほどの1ルームマンションです。

 

 

森翔馬と小西優香さんはどんな関係?


遺体が発見される2日前の
8月9日の午前7時半頃の映像です。

 

 

この場所は、
大阪府大阪市北区神山町8近辺

大阪キタ、梅田の大きな繁華街
東通りの近辺で、
治安がいい地域とは決して言えない場所。
夜が盛んな町ですね。

 

そのあたりを
決して親しそうには見えない間柄の二人。

 

一方的に
森翔馬が小西優香さんに
ひっついていってる感じで、
小西優香さんは、
あまりその気がないような
素っ気ない態度にも見えます。

 

ですがこうやって明け方に
二人で歩く関係は
いたって奇妙です。

二人の関係はどんなものだったのか。

 

また、


小西優香さんの最後のツイッター。
これが8月6日。

 

このツイッターの中の「ストーカー」は、
森翔馬のことだったのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

森翔馬が小西優香さんを殺害した動機は?

兵庫県加古川市の権現(ごんげん)ダムで8月11日、大阪市淀川区の小西優香さん(20)の遺体が見つかった事件で、県警加古川署捜査本部は18日、大阪市西区の森翔馬容疑者(20)と同市生野区の稲岡和彦容疑者(42)を死体遺棄容疑で逮捕したと発表した。2人とも「死体遺棄はしていない」などと容疑を否認しているという。引用:朝日新聞

森翔馬 稲岡和彦が
小西優香さんを殺害した動機、
理由は分かっておりません。

 

それどころか、
現在のところ容疑を否認しています。
また、森翔馬と稲岡和彦は
お互いのことを知らないと言っています。

まずは、
とにかく動機が知りたいです。

なぜ小西優香さんは
殺されなければならなかったのか?

 

こちらの事件も、
男女間の殺人事件のようです。
▶︎谷愛美さんの出身高校は?「知り合えてよかった」とメモ残した真意は?

 

森翔馬の評判、人物像にせまる

出典:FNN

 

森翔馬の友人とされる男性が、
取材に答えていらっしゃいますが、

「どっちかというと、やんちゃばっかり。
不良まではいかない。
先月ぐらいに遊びに行って、
別に普通やった。

(女性ともめたりとかは?)
よくもめてたから、あまり気にしてない」

引用:FNN

と答えています。

 

女性とよくもめるって!
普通あんまりないですよね。

 

気にいらないことがあれば、
女性であっても容赦はしない、
そういう男性いますよね。。。

 

スポンサーリンク

森翔馬に関してネット上の声は?

*犯人捕まって良かった。記載され方から見て
主犯格が20歳?共犯は42歳?
どういう組み合わせなんだ?
ストーカーされてた事と関係あるのか?


*とりあえず良かった。
まだ否認とのことですが、慎重に進めて欲しい。


*今は否認してても一人づつ
別の警察署で取り調べされて
口裏合わせも出来ずに居たら、
間違いなくボロが出て認めることになるよ。


*なんだか訳がわからない。
容疑者2人の役割分担は?

引用:Yahoo!コメント欄

 

今後もこの情報を追っていきたいと思います!

そして小西優香さんのご冥福を
お祈りいたします。

 

こちらの事件もぜひ解決していただきたい↓

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク