スポーツ

梨田監督の後任は誰?球団側が監督権限侵入が成績不振の理由か?

6月16日、プロ野球楽天イーグルスの梨田昌孝監督の辞任を発表。しばらくは監督代行として平石洋介ヘッド兼打撃コーチが務める予定。梨田監督の後任は誰なのか、辞任の理由など調べていきます。

スポンサーリンク



梨田監督の後任は誰?

プロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルスの
梨田昌孝監督が辞任を発表。
球団側は受理し、平石洋介コーチが監督代行を務めています。
[br num=”1″]
梨田監督の後任は誰なのか?調べてみたら、


後任は片岡篤史氏という情報がありました。
[br num=”1″]
片岡篤史は、現在は阪神タイガースの打撃コーチ。
シーズンの途中での就任はなさそうなので、
来季からでしょうか。
[br num=”1″]
ですが、わたしは、
片岡篤史氏の起用に驚きを隠せません。
この情報が公式な発表かどうかはまだ調査中ですが、
もしそうだったとしたら…
かなり話題になりますよね。
[br num=”1″]
阪神ファンからの試合中のヤジはすごく、
コーチ辞任を望む声が大きく上がってるのも事実です。
[br num=”1″]
梨田監督の後任は、片岡篤史氏なのか、
今後も情報を追っていきたいと思います。

スポンサーリンク

梨田昌孝監督のプロフィールは?

引用:トゥルーマサHP

梨田昌孝氏のプロフィールは以下の通りです。

名前(本名)・・・梨田 昌崇(なしだまさたか)
出身地・・・島根県浜田市
生年月日・・・1953年8月4日(64歳)
身長・・・178cm
体重・・・80 kg

本名は、昌崇(まさたか)さんという漢字なんですね。
字画などを気にして改名したのでしょうか。

勝利にこだわり、字画にこだわるというのも、
勝負人としての気合を感じますね。

[br num=”1″]
島根県立浜田高校を卒業したのち、
近鉄バッファローズに入団。
[br num=”1″]
引退する1989年まで
プロ野球選手として活躍。
[br num=”1″]
1989年から1993年までは
野球評論家として活動。
お顔がイケメンなのでテレビ映りもよく
精力的に活動されていました。
[br num=”1″]

監督業は、

 

  • 1993年
    近鉄バッファローズのコーチ
  • 2000年
    1軍監督に就任
  • 2008年
    北海道日本ハムファイターズの監督に就任
    2011年に突然辞任

この突然の辞任は、
『4年目の2011年で辞任しようと決めていた』と発言されていました。[br num=”1″]

 

  • 2015年
    東北楽天ゴールデンイーグルスの監督に就任

その後、
2018年6月16日、成績不振により引責で、
辞任を発表、楽天側もそれを受理。

梨田監督辞任の理由は?

梨田監督の辞任理由は、
借金が20になったことへの引責です。


このツイートは、楽天球団社長。
立花陽三氏のツイート。

引用:twitter

この人です。
[br num=”1″]
連敗が続くたびに、このように謝罪のツイートが。
それに対して、ものすごい量のファンの方からの
コメントがついています。
[br num=”1″]
一部紹介します。


サッカーのヴィッセル神戸社長と兼任なのですね。
[br num=”1″]
わたし個人が気になったのは、
このツイート。


戦略室が選手の起用を決め、
梨田監督には全ての権限を渡していなかったという件。
一部の報道では、スタメン決定を戦略室が行っていたという話です。
[br num=”1″]
梨田監督の監督業、采配ぶりには、昔から定評があったが、
監督業の権限にまで戦略室が入り込んできて、
やりにくかったんでしょうね。
[br num=”1″]
梨田監督は、「代行の平石コーチを支えてやってくれ」との言葉を残し、
楽天を去っていったそうです。

ネットの声は?


小川淳司さんとは、ヤクルトスワローズの監督。
同じように、シーズン途中で監督代行となり、
最終的には貯金4まで復活させたツワモノ。
[br num=”1″]


シーズン途中での辞任というのが、ファンの間でも混乱になっているようですね。
[br num=”1″]
ちなみに、
梨田監督辞任のあと、平石コーチ監督代行采配の試合は、
勝率10割。
打線も爆発しているようです。
人生とはホントに皮肉なものです。。。

スポンサーリンク

まとめ

プロ野球楽天イーグルスの梨田昌孝監督が辞任し、
その後任は誰なのかという報道に、一部では、
阪神の打撃コーチ、片岡篤史氏ではないかという声が上がっています。
[br num=”1″]
決して評判がいいとはいえない片岡篤史氏。
今後の動きに注目ですね。
[br num=”1″]
最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!