渡る世間は鬼ばかりや、金八先生で、欠かすことのできない役柄を演じていた、女優の赤木春恵さん。94歳でした。

このブログでは赤木春恵さんのお孫さん、野扖俊希について。
俳優活動をしているようですが、その現在は?

 

調べてみたいと思います。

スポンサーリンク



赤木春恵の孫(野扖俊希)の現在は?


出典:iza

本名 野杁 俊希
生年月日 1989年10月18日(29歳)
出生地 東京都
身長 178 cm
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ
活動期間 2010年 –

引用:wikipedia

名前は野杁 俊希さん。のいりとしきさん。
これは本名で、俊希という名前は、あの石井ふくこさんが名付け親だとも言われています。

野扖という苗字は大変珍しいですが、愛知県、東京都、神奈川県などに多くみられる苗字で、日本国内に510人ほど、野扖姓の人がいるようです。

野扖俊希さんは、赤木春恵さんの娘さんの息子。

赤木春恵さんの娘さん夫婦が「オフィスのいり」の経営を任されていて、赤木春恵さんもそこに所属していたのですが、野扖俊希さんも同じく「オフィスのいり」に所属しているのではないかと思うのですが、公式HPにはその名前はありませんでした。

もしかしたら別の事務所に所属しているのかもしれませんね。

野扖俊希さんの出演作品は、

2011年 浅見光彦シリーズ「佐渡伝説殺人事件」
2012年 浅見光彦シリーズ「還らざる道」、「志摩半島殺人事件」
2013年 「介護ヘルパー紫雨子の事件簿2」、浅見光彦シリーズ「平城山を越えた女」
2014年 大河ドラマ 「軍師官兵衛』に出演。赤松広秀(あかまつ ひろひで)の役を演じました。
2015年 水曜ミステリー9「黒星刑事の密室捜査」
2016年 司法教官・穂高美子5
2017年 「浅見光彦殺人事件」

2016年には舞台、
明治座・新歌舞伎座公演『かあちゃん』 に藩士 滝田 役として出演していました。

赤木春恵さんは野扖俊希さんに、
11月25日、最後の言葉として、

「あせらず、くじけないで」

と声をかけたそうです。

まだ、俳優として大きく花が咲かないお孫さん、野扖俊希さんに向けての励ましの言葉だったのでしょう。

スポンサーリンク

赤木春恵の結婚歴は?

2018年11月29日に、大女優の赤木春恵さんが亡くなりました。

その少し前に、娘さんに話していた内容が印象的でした。
「みっちゃんが来てね、、、、」と、2012年に亡くなり、赤木春恵さんと親交が深かったと言われている森光子さんが枕元に来たというエピソード。死期が近づいてくるとそういうコトが起こりうるのでしょうか。

 

そう考えると、自分の死期には誰が枕元に会いにきてくれるのかなと不思議な気持ちになりました。

 

話はそれましたが、そんな赤木春恵さん。「渡る世間は鬼ばかり」では幸楽のおかみさんとしての印象が強いですが、その私生活はどんなものだったのか調べてみました!

赤木春恵さんの結婚歴は1回。バツ無しです。

 

ですが、旦那さんは現在はもうこの世にはおらず、1991年に癌の闘病の末、お亡くなりになっています。

 

赤木春恵さんの旦那さんは、栄井賢さんという東映のプロデューサー。
残念なことに画像を見つけることができませんでした。

 

1916年生まれで、1991年にお亡くなりになっているということなので、75歳の生涯でした。その後、赤木春恵さんは再婚はしていません。

 

栄井賢さんは東映のプロデューサーということで、

 

恋と十手と巾着切・・・1963年
五人のあばれ者・・・1963年
源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽の蝶・・・1962年
ひばり・チエミの弥次喜多道中・・・1962年
あべこべ道中・・・1962年
千姫と秀頼・・・1962年
お坊主天狗・・・1962年
出世武士道・・・1961年
花のお江戸のやくざ姫・・・1961年
お世継ぎ初道中・・・1961年
維新の篝火・・・1961年
反逆児・・・1961年

など、数多くの作品をプロデュースした名プロデューサーでした。

スポンサーリンク

赤木春恵死去にネット上の声は?

ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク