紀州のドンファンと呼ばれた和歌山の資産家、野崎幸助氏が5月24日死亡しました。遺体からは覚醒剤が検出され一気に殺人事件に!ここにきて家政婦の竹田純代さんが顔出しで疑われてることに反論!真相はいかに?

スポンサーリンク



野崎幸助(ドンファン)の犯人は家政婦、竹田純代?


引用:http://5ch-matometv.com/archives/9567558.html

こちらが野崎幸助氏の家政婦の竹田純代さん。
自分が野崎幸助氏殺害の犯人として疑われていることに、
顔出しをしての釈明!反論。


名前は野崎純代さん。
野崎幸助氏とは、30年来の付き合いで、
もとは六本木でホステスをしていた。


その時からの付き合いなので、
かなりの信頼関係にはあるのではないでしょうか。


そして、月に10日ほど、東京かわ和歌山にやってきて、
家事、食事面などをサポートする家政婦に。
そもそも家政婦業の経験があったわけではなく、
家政婦になって8ヶ月という話です。


なぜ野崎幸助氏の犯人として家政婦の竹田純代さんが
疑われているかというと、


野崎幸助氏が亡くなった時には、
家政婦の竹田純代さんと、嫁のさっちゃんの
二人しかいなかったから。


まぁ、そりゃ疑われるのも仕方がない。
もちろん、嫁のさっちゃんも疑われ捜査されています。

野崎幸助(ドンファン)の犯人は家政婦?ネットの意見は?

野崎幸助氏の家政婦、竹田純代さんを見て、
最初に覚えるのは、違和感。


家政婦さんらしくなく、派手。
とても家政婦には見えない。


30年来の親交があった野崎幸助氏が突然亡くなったのに、
悲しむ表情は一切見せず、時折笑顔も見せる。


そして、野崎幸助氏が亡くなってまだ間もないが、
とにかく派手な風貌。
違和感を感じた方も多いでしょう。


こうなったらもうサスペンスですよね。
でも、なくはない?


確かに饒舌で早口で、
何かを必死で隠そうとしている感じは見受けられました。



実際に野崎幸助氏の家政婦、竹田純代さんは、
「自分が殺してたら、
これからお給料も入らなくなるし・・・」

と、
自分にはそんなことをする理由がないと主張。


ま、そうですよね。


でも22歳の若い女の子がこんなことを一人で、
計画実行できるわけがない。
ましてや、凶器となってるのは、
覚醒剤。


簡単に手に入るものではない。


となると、家政婦の竹田純代さんが計画して、
それと嫁のさっちゃんが共謀したのではないか?とも
推測できますね。


その時の動機はもちろん。遺産。
遺産(総資産)は50億と言われています。
その4分の3はさっちゃんが相続することとなりますので、
家政婦の竹田純代さんが、
共謀の犯行を持ちかけるのはなくもない話。

こちらの記事もあわせてどうぞ

野崎幸助氏は覚醒剤でどうやって殺された?

覚醒剤の致死量ってどれくらいか知ってますか?
それは、
0.5グラムから1グラムだと言われています。


覚醒剤を常用に使用している人はは1回に、
0.2グラムから0.3グラム使用するそうです。



野崎幸助氏に無理やり注射器をうつのも、
あぶって吸わせるのも少し無理がありそうなので、
今回は、
何か飲み物に混ぜたのではないかと言われています。
野崎幸助氏はビールを愛飲していので、
ビールに混ぜたとしたら、
その苦味に邪魔されてほとんど分からないようです。


白い粉怖い!


ちなにに野崎幸助氏の愛車のベンツEクラスを捜査しても、
覚醒剤はまったく検出されなかったようなので、
野崎幸助氏の常用は考えられないですね。

また親しかったデヴィ夫人の証言では、
聖路加病院に1ヶ月に1度人間ドッグに入っていたことも
分かっているので、健康オタクのような生活でも
あったようです。
そんな人が傍らで覚醒剤常用とはとうてい考えられません。


ますます謎は深まります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は紀州のドンファン、野崎幸助氏が変死した事件で、
家政婦の竹田純代さんについて調べてみました。
まだまだ事件解決まで時間がかかる?
もしくは捜査は局面に達してる?


最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク