9月28日
熊本市議会最終日。

正午には終わると思る予定がまさかの
夜まで終了しないという
異常事態。

なぜか?
昨年11月に子連れで市議会に
出席して話題になった

あの女性議員。
名前は緒方夕佳議員。

緒方夕佳議員、今度は、
のど飴をなめながら答弁を行っていました。

詳しくみていきます!

スポンサーリンク



緒方夕佳 (熊本市議) のど飴とは?

緒方夕佳議員が、
議場のインターネット中継を求める請願をめぐり、
議論が尽くされていないのではないかと登壇し、
質問する際「のど飴をなめていた」ことから
懲罰委員会が開かれたためです。

午前10時から始まった熊本市の定例市議会は、
熊本城の大天守・小天守の災害復旧費や、
ペットの飼育ができる災害公営住宅の
土地取得費用などを含む、

一般会計補正予算案などの
議案が可決される見通しでした。

しかし、市民からの請願に関する質疑で
登壇した緒方夕佳議員が「のど飴」を
舐めながら質問を行ったため、
質疑が中断されました。

「緒方議員、緒方議員、まだ待ってください」
「何か口にくわえていますか?」(議長)

「のど飴をくわえています」(緒方夕佳議員)

(怒号飛び交う議場)

議会は、緒方議員の行為が市議会会議規則の
「品位の尊重」に抵触するとして懲罰特別委員会を設置。

審議の結果、戒告の次に重い「陳謝」の処分になりましたが、
緒方議員は陳謝せず、再び中断したったいま議会が再開しました。

引用:RKK熊本放送

緒方夕佳議員は
昨年11月に、当時7ヶ月の子供を連れて
議会に出席したことで話題になりました。

これに関しては、
妊娠中から、議会には、
「子連れでこれるようにしてほしい」

と要請していたようですが、
前向きな回答が得られず、
強行手段に出たという感じですが。

結果的には、
議員以外の人間は、
議会に出席されることは許されず、

緒方夕佳議員は、
お子さんをベビーシッターに預けるという結末。

また、
議会には
「子連れでの出席は認められない」というのが、
明文化されたという、

緒方夕佳議員が
求める真逆の結果になってしまいました。

今回はこれに対する反発なのでしょうか。

スポンサーリンク

緒方夕佳議員ののど飴動画

こちらが問題になった
のど飴問題の動画です。

「緒方議員、口に何か加えてますか?」という
議長の問いかけに、

緒方夕佳議員は、
「龍角散のど飴をくわえています」と。

そのやりとりがもうなんだか違和感。

緒方夕佳議員への処分は?

緒方夕佳議員が、
なぜのど飴を舐めていたのかというと、

風邪気味で声を発すると咳をしてしまい、
その喉のサポートのために、

龍角散のど飴を舐めていたようです。

喉の調子が悪い時は、
咳き込んで仕方ない時がありますもんね。

それも、
事前に申告していたら、
また違ったのかもしれません。

開かれた懲罰特別委員会では、
緒方夕佳議員に陳謝させることが決まり、

この時、「陳謝文」は本人が文言を考えるのではなく、
緒方市議は用意された文章を事務局から渡され、
そのまま読むようにと言われたことにまた反発。

緒方市議は「自分の言葉ではない」として、
用意された文書を読み上げるのではなく、
自分自身の言葉で説明し、
またそれが、
それが「陳謝文と内容が違う」として
「違うだろ!」などと紛糾し、
議会への一定期間の出席停止という、
さらに重い処分が下っています。

この陳謝文って何のためなんでしょうね。
用意された文をそのまま読み上げることに
何の意味があるのか。

スポンサーリンク

ネット上の声は?

意見は両極端のようです。
あなたはどう思われますか?

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク