2016年9月、神奈川県横浜市の大口病院で起きた事件。

入院患者2人が不審な死亡で、解剖後体内から殺菌作用が強い消毒液が検出され、
神奈川県警は殺人事件として捜査中でした。

事件から2年弱、ようやく当時の看護師(31歳)を逮捕。
なお病院名は現在「横浜はじめ病院」と改名されています。
名前はまだ発表されていませんが、動機はなんだったのか調べてみます。

スポンサーリンク



大口病院 犯人最新情報!

この大口病院殺人事件についてニュースサイトより引用いたします。

横浜市神奈川区の大口病院で2016年9月、入院患者2人が相次いで中毒死した事件で、うち1人の男性(当時88)を殺害した疑いが強まったとして神奈川県警は、病院の看護師だった女(31)=横浜市鶴見区=を殺人容疑で7日にも逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、看護師は16年9月18日、西川惣蔵さん=横浜市青葉区=の体内に何らかの方法で消毒液を混入させ、殺害した疑いが持たれている。任意の調べに対し、容疑を大筋で認めているという。

事件は2日後の20日に発覚。入院していた八巻信雄さん(当時88)=横浜市港北区=が亡くなり、投与されていた点滴が泡立っているのに看護師が気づいた。翌21日の司法解剖で、殺菌作用が強い消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出され、中毒死と判明。点滴にも同じ成分が混入されていた。

引用:朝日新聞

2016年9月、
神奈川県の大口病院での事件。
迷宮入りかと思っていましたが、
捜査は続いていたのですね。神奈川県警、汚名返上!



逮捕されたのは、

  • 名前・・・久保木愛弓
  • 住所・・・横浜市鶴見区
  • 年齢・・・現在31歳

逮捕されたのは、当時大口病院で看護師として働いていた女性でした。
元看護師は、「注射器に(殺菌作用が強い消毒液)「ヂアミトール」を混入させた」概ね容疑を認めています。
そして、なんと20人もの患者を殺害したことを認めています。



気になるこの看護師の顔画像ですが、現在のところまだ公開されていません。
情報が入り次第こちらに追記していきます。

大口病院の事件詳細

2016年9月に起きた恐怖の事件。
医療機関で起きた不可解な殺人事件。

9月18日に西川惣蔵さん
9月20日に八巻信雄さん

 

なぜ、この事件が発覚したかというと、
八巻信雄さんの点滴が泡立っていたこと。
これを不審に思った看護師さんがいたようです。

 

でも、おそらくこの異変に気づいた看護師さんは、
このことだけではなく、普段から自分の職場=大口病院の異様さに頭を悩ませていたのかもしれません。

この気になるツイート。
登校日は2016年8月12日。
そう、事件発生日より前なのでが、

大口病院の内情を暴露するようなツイートが繰り返されています。
事件後の捜査では、このツイートの中にあるような事象は実際にあったことがわかっています。


この大口病院では、
看護師どうしのいじめもひどかったと言われています。

  • 筆箱に10本以上の注射器が針山のように刺されていた
  • 白衣が切り裂かれていた
  • 患者のカルテがなくなり、別フロアの看護部長のデスクから出てくる
  • ペットボトル飲料に漂白剤が混入されていた

などのいじめが続出していたようです。

大口病院の事態は異常。
看護師どうしのいじめ問題の他にもそれは見受けらました。



後述します。

大口病院、3ヶ月で50人死亡

大口病院のこの現場は4階の入院病棟。
2016年7月〜9月のこの事件まで50人もの患者さんが亡くなっていたそうです。
ベッドは40床。
それはそれは異様な状況だったようです。

 

そもそも、大口病院は、終末医療とリハビリ中心の病院。
比較的重症の状態で入院することとなるので、
そこまで病院内では問題視、特別視しているわけではなかったようですが、
やはり異様な数なのでしょう。

 

大口病院の近所に住む人は、

  • 大口病院に入院すると聞くと、もう長くないと思う
  • 大口病院の前は「霊柩車通り」と呼ばれている

 

と言う声もあったそうです。



今回の容疑者とされている元看護師は、
注射器に消毒剤を混入させたことは大筋みとめ、
さらに
20人異常殺害したことも認めているようです。



もうご家族の方達の気持ちを思うとなんとも言えず、その20人というのに言葉を失いますね。

スポンサーリンク

大口病院犯人、看護師の動機は?

福岡徳洲会病院の医師、長嶺隆二医師は

「我々が激務に耐えられるのは、患者さんの笑顔があるから。しかし、終末期医療では患者さんがよくなる見込みがありません。希望が見いだせないのです。そのため、たくさんの医療従事者が心を病み、ストレスを抱えている。医療界全体で取り組んでいかなければ、同様の事件はまたどこかで起こりうるでしょう」

と、語られています。


終末医療に携わる医療従事者のメンタル面が崩壊、
また、看護師不足の悩みが慢性化していたようなので、それからくる不満が爆発していた職場。
看護師同士のいじめも陰湿で多発。


この事件が起きた時には、
「とうとうこの日がきたか」と思う従業員もいたと言われています。



そのストレスが患者さんに向くのはまったくもって論外。
ただでさえ、厳しい医療現場。


終末医療に携わる医療従事者のメンタルケアを充実させる必要はありますね。
また、言う間でもなく命にかかわる仕事に就くがゆえ、
人間性、適性検査の実施をするべきなどの声もあがっているようです。



この事件の真相、犯人の看護師の動機ははっきりとあきらかになっておりません。
今後の情報を追っていきたいと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました! 

この記事もよく読まれています↓
お時間があればぜひ!

スポンサーリンク