現役の東京大学の学生であり、
ホテル経営会社の社長、龍崎翔子さん。

東大に通いながら、複数のホテルを経営をこなす
敏腕社長。

ここでは龍崎翔子の出身高校、
なぜ東大を目指したのかその理由について調べてみました!

スポンサーリンク



龍崎翔子の出身高校は?

現役東大生の龍崎翔子さん。

 

その龍崎翔子さんはなんと現役ホテルオーナー。

現在東京大学に通いながら、4つのホテルを経営する社長さん。

そんな彼女の出身高校、経歴について調べてみました。

1996年2月9日生まれ

 

小学生の時に、

父親の仕事の関係でアメリカに住んでいたこともあります。

その後

高校は、京都教育大学付属高等学校卒業

偏差値69の学校なので、かなりの進学校です。

 

現在は東京大学文科Ⅱ類に在籍中

龍崎翔子さんが会社を起こした時は

大学1年生で1年ほど休学して起業の準備に充てたそうです。

自分のビジョンに賛成してくれた母親と

会社を設立、ホテル業界に参入しています。

親子で一緒にビジネス、そして成功。

親としても嬉しいことですね。

 

どうやったらこんな志の高い娘になるのか、

ご両親がどのようにして龍崎翔子さんを育てたのか、

それが気になりますね。

龍崎翔子のホテル経営ヒストリー

龍崎翔子さんが、

両親とアメリカ横断旅行をしていたとき、

宿泊したホテルが「全部同じ雰囲気」だったことに

違和感を覚えて仕方なかったようです。

確かに、ホテルは大抵おなじつくり。

そこに違和感を感じた龍崎翔子さんは、

ホテルによって、場所によって、

違うスタイルのホテルがあっても

いいのではないかと考えるようになりました。

これを考え始めたのが小学生の時ですから。

それが驚きです。

また、その想いをスケッチブックに書き、

頭の中はアイデアと夢で詰まっていたようです。

そして、

ビジネスに思いを馳せる小学生の龍崎翔子さんは、

「一人で考えていても仕方ない!

そうだ東大へ行こう!そこで賢い人に教えてもらおう!」

と思いつき、そのままの気持ちで本当に東大に入ります。

その間は1日11時間の勉強。

ホテルへの思いの強さがここに表れていますね。

スポンサーリンク

龍崎翔子のこだわり、ホテルへの想い

龍崎翔子さんがターゲットとするお客様は

海外からの外国人観光客。

ここに焦点を当て、

外国人観光客が求めているものを確実にとらえて、

それをサービスに反映させる。

「ホテルの本質は、きらびやかで大きな建物じゃない。・・・部屋だ。

泊まれる部屋がそこにあればいい。

いきなり100室のホテルを建てるのは無理だけど、

1組のお客さんのためにお部屋を1つ用意してあげることなら、

私にもすぐにできるじゃないか。」

と、

自分にできることを、すぐにやろうとするところに

感動ですね。

夢があっても、人間って、

その夢を叶える覚悟がないときがありますから。

そのブロックをこの年で外し、

自分の夢に向かう姿には、勇気をもらえちゃいますね。

彼女のビジネスはまだ始まったばかりで、

それでもすでに大きな成功を掴んでいますが、

今後のご活躍が楽しみであり、応援したいです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク