現役東大生&ホテル経営の社長。
龍崎翔子さん。

彼女の活躍は素晴らしく、
それに憧れる大学生もたくさんいます。

ここでは龍崎翔子の父親の職業や、
経歴、出身高校などを調べてみました!

スポンサーリンク



龍崎翔子 父親の職業は?

現役東大生の龍崎翔子さん。

 

その龍崎翔子さんはなんと現役ホテルオーナー。

現在東京大学に通いながら、2つのホテルを経営する社長さん。

そんな彼女の父親の職業について調べてみました。

 

龍崎翔子さんが会社を起こした時は

大学1年生で、せっかく入った東大を休学し、

自分のビジョンに賛成してくれた母親と

会社を設立、ホテル業界に参入しています。

 

 

龍崎翔子の父親の職業について調べてみましたが、

確かな情報がないのですが、

 

 

この会社設立、ホテルをオープンさせるために

銀行から数億円の融資を受けているので、

おそらく両親が保証人となったのでしょう。

父親の職業は大手上場企業の役員か、

自営業でかなり実績がある方なのかもしれませんね。

お嬢さまなのは間違いなさそうです。

 

個人的には、父親の職業よりも、

龍崎翔子さんの教育方法、育て方のほうが気になりますね。

 

龍崎翔子の経歴、プロフィール

龍崎翔子さんの経歴、プロフィールですが

 

1996年2月9日生まれ

 

小学生の時に、

父親の仕事の関係でアメリカに住んでいたこともあり、

高校は、京都教育大学付属高等学校を

卒業し、現在は東京大学文科Ⅱ類に在籍中。

 

2014年、

北海道富良野にて。

もともとあったペンションをリノベーションして

「Petit-hotel #MELON」(プチホテルメロン)という

小さなホテルを経営し始めました。

 

その小さなホテルから始まり、

現在は、

・北海道
・京都
・大阪

と展開しています。

 

この間3年。

たった3年でここまで展開させるということは、

会社の経営状態も良好ということでしょうね。

素晴らしい!

スポンサーリンク

龍崎翔子の挫折とは?

こういう思考でいられる方って素敵だなぁって思いませんか?

こんなに成功してるすごい人なのに、

周りに感謝できる人って素敵ですね。

 

「そんなの無理だよ!」

「そんなのやめときなよ!」

なんて言う側ではなく、人を応援できる友達も素敵だし、

わたしもそういう人間でありたいなと思います。

 

だって、やりたいことがあるのに、

やる前に諦めるなんてもったいない!

 

 

ですが、そういうお友達ばかりだったわけでもなく、

と、こういうエピソードもあったようです。

 

また、ある時は、

東大のOBが重役を務める中小企業に潜り込み、

インバウンド担当として

中国の大手旅行代理店への営業を買って出て、

自ら中国・北京までプレゼンをしに行った時ったが、

何の知識も経験もなかった龍崎翔子さんは

ただただ自分の無力さを知るばかりだったそうです。

 

仕方ないですよね、経験がないのですから。

ですがそのあとは、

よくある大学生のように、

 

飲み会や遊びへと自堕落な生活を送る日々もあったようです。

 

スポンサーリンク

龍崎翔子のこだわり、ホテルへの想い

龍崎翔子さんがホテルへの夢をはせはじめたのが、

小学生のとき。

 

両親とアメリカ横断旅行をしていたとき、

宿泊したホテルが「全部同じ雰囲気」だったことに

違和感を覚えてようです。

 

確かに、ホテルってそうですよね。

それに対して龍崎翔子さんが思ったのは、

 

「その街に来た人がその街らしさを感じられるような、

趣向を凝らしたホテル作る。」

 

という想いが芽生えてきたようです。

小学生ですよ、小学生。

 

小学生の時にそんな想いをスケッチブックにしたため、

さらには

「自分一人で考えていても仕方がないから、

東大いこう。東大で賢い人に教えてもらおう」と

思い、1日11時間は勉強していたそうです。

 

そしてそのまま、自分の思い描いた道を歩んでいるとは

すごいとしか言えないですね。

 

龍崎翔子さんがターゲットとするお客様は

海外からの外国人観光客。

 

それらのニーズに合わせ、明確なビジョンを持った

彼女のビジネスはまだ始まったばかりで、

それでもすでに大きな成功を掴んでいます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク