年明けの元旦そうそう、悲しい事件が起きました。

 

青森県青森市で佐々木圭容疑者(22)が刃物で母親を刺し、母親は搬送後死亡するという悲しい事件が起きました。

 

この事件の概要と、佐々木圭の顔画像、Facebookやツイッターなどのアカウントについて調べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク



事件の経緯は?佐々木圭の顔画像は?

この事件の経緯は以下の通りです。

 

発生日時:1月1日午後11時すぎ
場所:青森県青森市浪岡下十川

 

佐々木圭(ささききょう)容疑者が母親・恵さん(45)さんの胸を刺したとして、自ら110番通報したことで発覚しました。母親の恵さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。佐々木圭容疑者は調べに対して、殺意は否定しています。

 

 

 

事件の発生は、佐々木圭容疑者の自宅
青森県青森市浪岡下十川の市営住宅で起きました。

 

この住宅で、同居していた二人に一体なにが起きたのでしょうか。

 

調べでわかっていることは、犯行直前に佐々木圭容疑者が酒に酔って帰宅し、そして二人は口論となっていたことが分かっています。

その口論が原因なのかは分かっておりませんが、その口論が原因なのは間違いないでしょう。

 

 

佐々木圭容疑者の顔画像が気になるところですが、いまのところ公開されていません。FacebookやツイッターなどのSNSアカウントについてですが現在のところ特定されておりません。また情報が入り次第、こちらにも追記していきたいと思います。

 

ネット上の声は?

 

・前にもこんなニュース見たような気がするけど、お正月になんてやりきれない、胸が痛くなる。カッとなりやってしまったのか‥
もう取り返しがつかない。お母さんが本当にお気の毒でならないし、この息子の人生も終わった。悲しい事件‥。

 

・お母さん可哀想
22歳の息子と正月迎えようと思って準備してたかもと思うとやりきれない

 

・22歳にもなって…
命の尊さ、死というものを判断できるような世の中にしないと、この種の事件はなくならない。ましてや親を…

 

引用;Yahooニュースのコメント欄

 

 

親子は本音でぶつかり合い、親も子も遠慮がなく言い合ってしまいます。佐々木圭容疑者は、調べに対して殺意を否定していますが、きっとその通りで、まさかこんなことになるなんて思わなかったというのが本音だったんだと思います。

 

それしてもやりきれない事件。
コメントにもあるように、母親も45歳の若さで息子に殺されるという最期。そして、息子の人生も台無しになってしまったこの事件。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

親子間のトラブルで命を落とす事件は、ここ数年であまり珍しいことではなくなった気がします。親は子供を思うあまりに言葉がすぎるし、干渉もします。それは息子を心配するあまり、全うな道を歩んで欲しいと思っているからこそです。

 

それに対して息子は、とくに今回の佐々木圭容疑者は22歳、母親から叱咤されるには年齢が十分だったのかもしれません。そんな思い、いろんな思いが交錯してのこの事件、わたくしも息子を持つ母親として深く考えさせられ心が痛む事件です。

 

亡くなられた恵さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
また書きますね!

スポンサーリンク