驚きで不気味なニュースが入ってきました。

中央自動車道を時速235キロで暴走し、
過去最高速度の検挙となったのは、白井良宗容疑者。

その白井良宗の顔画像や、Facebookやツイッターなどの
アカウントの有無、

またその235キロで爆走した車、ダッジチャレンジャーについて
調べてみたいと思います!

 

スポンサーリンク



白井良宗 顔画像は?Facebookはツイッター?


引用:FNN

白井良宗容疑者

 

年齢:41歳
職業:会社員
住所:東京都世田谷区世田谷1

 

この事件の概要は以下の通りです。

 

白井良宗容疑者(41)は2016年1月、東京・国立市の中央道で、車を運転していた際、法定の最高速度を130km以上もオーバーした時速235kmで走行した疑いが持たれている。

白井容疑者は、当時、アメリカ製の車に乗っていて自動速度違反取り締まり装置の画像には、猛スピードで走る様子が映っていた。

白井容疑者は「自分かどうかわからないので、認めません」などと容疑を否認しているが、警視庁は、ほかにもスピード違反を繰り返していたとみて捜査している。
時速230km以上のスピード違反の検挙は、全国で初めて。

引用:FNN

 

この逮捕時の白井良宗容疑者の笑顔、
不気味ですよね。

 

 

自分のしたことに罪の意識どころか、
誇らしげな表情のように感じられますよね。

 

この白井良宗容疑者がどのような人物で、
どんな生活をしていたのかが
気になり、

 

 

Facebookやツイッターのアカウントを検索してみましたが、
特定することができませんでした。

 

SNSは利用していなかったのかもしれませんね。

 

白井良宗が運転していた車はダッジチャレンジャー!

 

ダッジチャレンジャーとは、
アメリカ合衆国の自動車メーカークライスラーが
ダッジブランドより販売しているスポーツカーです。

 

「ダッジ」とは、
アメリカ人のホランティウス・エルジン・ダッジと
ジョン・フランシス・ダッジの兄弟によって1900年に
自動車製品会社「ダッジブラザース・バイシクル&モーターファクトリー」から始まり、
のちに、1914年に現在の「ダッジ」が設立されました。

実際に走行している動画はこちらから

映画、「ワイルドスピード」の主人公のドミニクの愛車としても
有名なスポーツカーです。

白井良宗容疑者も、この映画、ワイルドスピードのファンで
ダッジチャレンジャーに憧れていたのかもしれませんね。

そして、まさかの
公道で、リアルワイルドスピードをやっちゃうとは!

41歳の会社員!どうした?何があった?と、
白井良宗容疑者からの供述内容が気になるところですね。

 

 

ダッジチャレンジャーの価格は?

ダッジチャレンジャーの価格が気になるところですが、
中古車でも300万から1200万ほどするそうです。

1200万て!
高級スポーツカーで日本でも憧れている人も多いようですね。

ツイッターでも
ダッチチャレンジャーファンがたくさんいました!
その声をご紹介しようと思います。

わたくし管理人は
このダッチチャレンジャーについては知識がありませんでしたが、
車好きの人にはたまらない、特別なスポーツカーのようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はダッチチャレンジャーで、
100キロ制限速度のところを235キロで走行し、
検挙されることとなった白井良宗容疑者の事件についてでした。

ちなみに、世界一のスピード違反の記録は日本人が持っているって
ご存知でしょうか?

イギリスの高速道路でなんと317kmで走行したそうです。
205キロオーバー!

その運転は千葉県にある
クルマ屋「TOP SECRET」代表の永田和彦氏でした。

プチ情報でした!

最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらの記事は
たくさんの方にお読みいただいています。
あなたはこの事件どう思われますか?

スポンサーリンク