今日はカヌーのドーピング事件でスポーツ界に激震が走りました。

 

鈴木康大選手が、五輪候補ライバルの小松正治選手の飲み物に、
禁止薬物を入れてドーピング陽性反応へと誘ったこの前代未聞の事件。

 

他の選手も妨害被害にあっていたようでまだまだ波紋は広がっています。全容をここに!

 

スポンサーリンク

事件の経緯

 

事件の概要はこちらです

 日本カヌー連盟は9日、昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)で鈴木康大選手(32)=福島県協会=が、優勝した小松正治選手(25)=愛媛県協会=の飲み物に禁止薬物である筋肉増強剤メタンジエノンを混入させ、小松選手がドーピング検査で陽性となっていたと発表した。

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は昨年12月13日付で、鈴木選手に8年間の資格停止処分を決定。10月20日に通知した小松選手の暫定的資格処分を解除し、資格停止は科さずに救済する。日本選手権の成績は抹消される。JADAによると、他者からの薬物混入によるドーピング違反発覚は国内で初めて。

 

鈴木選手は同連盟などの調べに対し、ライバル選手を陥れようとしたと説明している。小松選手は禁止物質の摂取を否定し、同連盟による調査の過程で鈴木選手が禁止物質を混入させていたことを認めた。

 

引用:産経新聞

 

 

この時のエピソードなのですが、
小松正治選手に、ドーピング検査で陽性反応がでたときに、
一番に電話で報告、相談したのが、なんとこの鈴木康大選手だったそうです。

 

 

普段から仲が良く、小松正治選手は先輩として信頼していたんでしょう。
その電話を受けた鈴木康大選手はなんと返答したのでしょう。

 

また、この試合の日のツイッターで、
小松正治選手はこんな投稿しています。

 

 

パドルとGPSがなくなったということです。
パドルに関しても鈴木康大選手が盗んだのではないかとみられています。

 

また、他の選手に関しても、
鈴木康大選手は『パドルにいたずらをした』と言っているそうです。

 

被害者は小松正治選手だけではなかったんです。

 

全ては鈴木康大選手の自白から始まった

 

この騒動はすべて、鈴木康大選手の自白から始まっています。
11月17日の強化合宿で全体に向けて、今回のドーピング騒動を
上層部がアナウンス。

 

『このままで東京五輪を迎えられない』
という上層部の言葉が響いたのか、

 

11月20日、鈴木康大選手が自白したそうです。

 

薬物混入の動機は全て自分の弱さから

 

鈴木康大選手は32歳という年齢から、
最後の挑戦として一旦は引退表明をしていた身から
復活しトレーニングを重ねてきました。

 

4人乗り種目で出場したかったけれど、
自分は5番手。このままではオリンピックに出れないと思い、
今回の薬物混入に踏み切ったということです。

 

なぜ小松選手を狙ったのか?

 

若手で台頭してきて実力が非常に伸びてきていたこと。
今までは鈴木康大選手のほうがタイムは上だったが、
いろんな合宿の過程で記録会や競技会で勝つことができなくなった。

 

というのが、小松正治選手を狙った理由だそうです。
ちなみに以前より小松正治選手のボトルケースを認識していたそうです。

 

鈴木康大選手が全てを自分から自白したのは、
東京オリンピックのホスト国の選手として、
これ以上迷惑をかけてはいけないということで、
全てを話すことにしたそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

カヌーを愛し、東京オリンピックを目指して、
全てを捧げたといっても過言ではない鈴木康大選手。

 

でもそれは小松正治選手やその他の選手、
違う種目の選手も、みんな同じ。

 

人間の弱さ、嫉妬心、執着心などが交錯した
悲しい事件ですね。

 

 

関連記事を書いています

ライバルの飲み物に禁止薬物でドーピング疑惑にさせたカヌー選手は誰?鈴木康大(カヌー)顔画像は?嫁 久野綾香と夢みた東京五輪に出たかった!小松正治(カヌー)画像は?鈴木康大に薬物入れられる!盗難被害にも遭っていた!為末大選手からのアドバイスとは?鈴木康大 カヌー選手 小松正治選手以外にも妨害行為!除名処分検討か

あなたはこの騒動どう思われましたか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク