名古屋経済大学高倉高校野球部内で体罰事件が発生しました。その動画が通行人によって撮影され瞬く間に全国へ。

その体罰の経緯や、この高倉高校野球部の監督で元近鉄のプロ野球選手である酒井弘樹氏とはどんな人物なのか、動機や処分について調べてみます。

スポンサーリンク



名古屋経済大学高倉高校野球部監督の体罰報道

私立名古屋経済大高蔵高(名古屋市瑞穂区)で硬式野球部の監督を務める酒井弘樹教諭(47)が部員の生徒複数に平手打ちなどをし、けがを負わせたことが13日、分かった。同校の調査に教諭は体罰を認めている。

同校によると、酒井教諭は近鉄や阪神に在籍した元プロ野球選手。9日午後6時ごろ、校内のグラウンドで行われた練習後のミーティング中、1、2年の部員12人を平手で殴ったり蹴ったりし、3人が頬が腫れるなどのけがをした。

生徒は登校時にスマートフォンなどを学校に預けることになっているが、このルールを守らない部員が多いことに腹を立てたと話しているという。

10日に部員の保護者から学校に連絡があり、同校は12日に愛知県に報告。処分も検討する。服部万寿夫副校長は、日常的な暴力はなかったとした上で「被害に遭った部員に申し訳ない」と謝罪した。引用:日刊スポーツ

ニュースの報道をまとめると、

高校・・・名古屋経済大学高倉高校
クラブ・・・野球部

その名のとおり、名古屋経済大学に附属している高校で、中学校も附属して同じ敷地にあります。

体罰の原因・・・スマホ

体罰の動機はスマホを生徒たちが登校時に学校に預けなかったこととされていますが、これは普段から授業中にスマホを触る生徒が多いことから3年生が独自ルールで「登校時に学校にスマホを預ける」と決めたことが事の始まりだったようです。

3年生は受験生でもあることから、自らを律するためにもそのルールを決めたのでしょう。手元にスマホがあったらやはり大人でも触ってしまいますもんね。

そして、今回体罰があった背景は、1、2年生がそのルールに従っていなかったことが原因です。1、2年生にとっては「それは3年だけのルールだし、自分たちには関係ない」という言い分があったのかもしれません。まぁ生徒たちの言い分も分かります。

監督からすると、良かれと思っての指導が行き過ぎたのかもしれません。

スポンサーリンク

名古屋経済大学高倉高校野球部監督の名前や顔画像は?

名古屋経済大学高倉高校野球部監督の名前と顔画像を調べてみました。

ツイッター上ではもう名前が上がっていて、高倉高校で体罰を与えた教師は元プロ野球選手、近鉄バッファローズに所属していた酒井弘樹氏でした。
顔画像はこちら↓

この高倉高校で国語の教師をして、野球部の監督をしています。野球部の監督は体育の先生なのかと思いきや、担当科目が国語だったことは少々驚きですが。

《酒井弘樹氏》
出身地 千葉県柏市
生年月日 1971年9月22日(47歳)
身長 176cm
体重 70kg

関東第一高校卒業後、東都大学野球連盟の國學院大學法学部に進学。
その後、1993年に近鉄バッファローズに入団。2002年に引退。
その後、教員免許を取得するために國學院大學文学部に再入学、高校教員免許を取得後、高校教師に転職しています。

大学の教職課程を履修、教育実習も経て教員になるには相当な努力も必要だったと思いますし、そこまでして手にいれた教員生活、そして野球部発足後には野球の指導もできていて充実した生活だったと思えるのですが、今回の体罰で彼の人生はどうなってしまうのか、その処分について気になるところです。

現在は自宅謹慎という処分となっていますが、これから正式な処分がでることでしょう。

スポンサーリンク

ネット上の声は?

今後のこの野球部の動向、酒井弘樹氏の処分について気になりますね。そして体罰はやはりあってはならないし、なくなることを願ってやみません。

最後までお読みいただきありがとうございました! 

スポンサーリンク