日本最大のパワースポット、宮崎県の高千穂。

そんな幸せの象徴のようで、のどかな場所、高千穂で起きた殺人事件。そして、犯人と思われる次男は飛び降り自殺。7人もの人が、あの高千穂の町から命を落としました。

なぜそんなことに?次男夫婦には不倫問題があったという報道も?
調べてみます!

スポンサーリンク



高千穂殺人事件 人物相関図と事件時系列


出典:naverまとめ

これが人物相関図。

亡くなったのは、この相関図の中に書かれてある7人。

・飯干保生さん(72)世帯主
・飯干実穂子さん(66)妻
・飯干昌大さん(42)次男・会社員
・飯干美紀子さん(41)次男妻
・飯干拓海さん(21)
・飯干唯さん(7)

そして、昌大さんの知人であり、近所の男性、松岡史晃さん。

これだけの人が1日で命を落とした高千穂で起こった殺人事件。
一体なにがあったのでしょうか。

 

 

《高千穂殺人事件 時系列》

・〜25日まで
次男、飯干昌大さんと、妻の美紀子さん、その娘の唯さんは、会社の社内慰安旅行で熊本県阿蘇への温泉旅行へ出かけていました。

・11/26 午前11時
町外の親戚から警察へ一報。
連絡がつかないから、様子を見にいってほしいと要請で警察が現場へ。そこで無惨な姿で倒れている、飯干昌大さん以外の6人を遺体で発見。

その前に、孫の唯ちゃんの小学校の校長先生が連絡もなく欠席している唯ちゃんを心配して自宅を訪問していますが、その時(9:00頃)は自宅あたりはシーンとしていて特に変わった様子はなく、留守だと思い先生は学校に戻ったようです。

その後、午後になり、
飯干昌大さんと思われる遺体が高千穂大橋から飛び降りたと思われる状態で発見されています。

スポンサーリンク

高千穂殺人 次男夫婦は不倫トラブル?

「飯干さん宅は長く林業、農業で生計を立てていた。地元ではよくある農家。いつも、飯干さんは農家の仕事に出かけ、温かいごく普通の家庭です」(近所の人)だが数ヶ月前から、一家ではトラブルが起こっていたという。

飯干家と付き合いのある住民はこう言う。

「昌大さんはおとなしい人物で外に仕事にいっていたようだが、いずれも長続きしなかった。昌大さんと妻の美紀子さんが不倫など夫婦関係でもめてもおり、近所に住む昌大さんの知人男性がここ数カ月間、仲裁していたらしい。それでトラブルになったのではないか。昌大さんが6人を殺し、飛び降り自殺した可能性が強い」AERA dot.

次男で、飛び降り自殺をした飯干昌大氏は、おとなしい性格で真面目だったようですが、仕事が長続きしないという状況だったようです。妻の美紀子さんもパートに出て共に家計を支えていたようで、普通のあったかい家庭のように見えていたようです。

ですが、数ヶ月前から不倫トラブル。この流れを考えると、憶測ですが、妻の美紀子さんが不倫をしていてそれにした激昂した形なのでしょうか。

と、思いきや、報道によると、次男・昌大さんの女性関係にまつわることが原因で、数ヶ月前からこのトラブルを抱えていたようです。

また、この夫妻の子供達、

・飯干拓海さん(21)
・飯干唯さん(7)

の、年齢差について、疑問が多く上がっているようですが、拓海さんは妻、美紀子さんの前夫との間の子供ではないかという情報です。高校を卒業後、建設会社に勤めている青年だったようです。

年齢が離れた妹を可愛がる姿も報告されていて、その不倫トラブルが発覚するまでは特にこの家庭には問題はなかったといえるでしょうか。

スポンサーリンク

なぜ6人も殺害?

この状況から判断して、警察は次男の飯干昌大氏が6人を殺害したあと、自ら高千穂橋から飛び降り自殺をしたと言われています。

夫婦間のトラブルでなぜ6人もの殺人事件となるのか。そこが気になるところです。

昭和13年に起こった津山事件。
横溝正史の小説『八つ墓村』のモチーフになった事件。

一晩で30人が殺害された事件。犯人は、社会に恨みつらみがあり犯行を計画したのですが、一番に殺害したのは2歳から親代わりに自分を育ててくれた祖母。
その祖母を一番に殺したのは、その田舎町に殺人事件を起こした者の身内として存在させることが可哀想だと案じて、殺害したと言われています。

この飯干昌大氏も、もしかしたらこの時の津山事件の犯人と同じ感情だったのかもしれません。

残される子供たち、自分の両親の今後を考えての無理心中というところでしょうか。それ以外にも方法はあったはず、それが悔やまれてなりません。

ネット上の声は?

亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク